2012/04/13

原発再稼働議論で国を批判 佐藤知事「事故検証まだ」

原発再稼働議論で国を批判 佐藤知事「事故検証まだ」
(2012年4月13日 福島民友ニュース)

 原発の再稼働の可否を判断する新たな安全基準について、佐藤雄平知事は12日、定例会見で「東京電力福島第1原発事故の検証も終わらないうちに再稼働の議論をすることは問題」と述べ、関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働に向けた政府の動きを批判した。佐藤知事が本県以外の原発再稼働問題で発言したのは初めて。佐藤知事は政府に対し「需給面よりも安全最優先で進めてほしい」とも注文。政府の原子力政策に原発事故被災県の立場から意見を述べていく姿勢に転換した形だ。
 佐藤知事は、県が復興計画の中で「原子力に依存しない社会づくり」を理念に掲げていることを挙げた上で「原子力災害は進行中と認識している。本県の厳しさ、実態を分かっているのか」と述べ、すでに「収束宣言」している政府の対応に苦言を呈した。

富岡町全域 帰還困難と同額賠償に 有志の会が要望 
(2012/04/13 09:22 福島民報)

 富岡町民有志でつくる「原発被災者の会・富岡」は12日、双葉郡内への中間貯蔵施設建設などの交渉に際し、町内全域を帰還困難区域と同等の賠償とすることを国に求めるよう町に要望した。
 要望は、中間貯蔵施設を受け入れる条件を建設同意と、放射性物質を含む廃棄物の搬入許可の二段階にすることや、同意後も想定外の被害に備えて搬入の拒否権を持つこと、30年後の最終処分場建設を拒否権の行使を含めて法律に明記することが必要としている。
 避難区域の見直しについて、年間被ばく量限度は1ミリシーベルトを目指すべきとし、政府が示す値の4分の1とした5ミリシーベルト以下を避難指示解除準備区域と厳格化し、他も5ミリシーベルト超20ミリシーベルト以下を居住制限区域、20ミリシーベルト超を帰還困難区域とするよう指摘。住民非居住となる緩衝地帯は居住制限区域から5キロ、東京電力福島第一原発から10キロで線引きすることを挙げた。
 賠償は、住民の帰還にかかわらず、町内全域を帰還困難区域と同等の賠償を求める。帰還する住民のために年間1ミリシーベルト以下に除染する「小さな富岡町」の整備を進めるべきとした。
 被災者の会の石黒紀昭最高顧問、村井良一会長らは同日、郡山市のビッグパレットふくしまで遠藤勝也町長と面会し、要望書を手渡した。石黒最高顧問は「納得できる賠償が決まれば住民は安心して帰還する日を待つことができる。国が事故収束に最後まで責任を持つべき」と主張した。
 遠藤町長は「中間貯蔵施設は最後のとりで。安易な妥協はせず、毅然(きぜん)とした態度で国と協議する」と述べた。
【写真】遠藤町長に要望書を手渡す石黒最高顧問(左から2人目)、村井会長(同3人目)ら
(2012/04/13 09:22)

「恒久対策足りぬ」 京都、滋賀知事、大飯原発を視察

「恒久対策足りぬ」 京滋知事、大飯原発を視察
(2012年04月13日 00時30分 京都新聞)

 再稼働手続きが進む関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)を視察した京都府の山田啓二、滋賀県の嘉田由紀子両知事は12日、恒久的な安全対策が講じられていないとして「再稼働は急ぐべきではない」と指摘し、あらためて慎重な姿勢を示した。(3、23面に関連記事)

 視察後、山田知事は「応急対策が多く、防潮堤のかさ上げなど恒久的対策ができていない。電力需給の内容も第三者委員会による中立的評価が必要だ」と強調した。嘉田知事は「慎重にという基本的姿勢は変わっていない。4閣僚も政治的責任を持つというなら現場を見て多面的に考えてほしい」と述べた。

 また、両知事は福井県に対して「福島第1原発事故を受け、われわれも府県民に説明する責任がある。互いに力をあわせたい」と述べ、再稼働の際の同意など原発立地県並みの権限を求めていることについて理解を求めた。

 両知事は福島第1原発事故を教訓に取り組んでいる安全対策について説明を受けた後、3時間かけて発電施設を視察。関電との懇談では安全性を強調する同社に対し、福島第1原発事故の原因が究明されていない中での安全性の根拠や、地震・津波の影響調査などについて質問した。

福島市で生産、販売されたホウレンソウから 520ベクレル

ほうれん草から基準値超える放射性セシウム
(2012年4月11日19:33 福島中央テレビ)

■ 動画をみる
福島市で生産、販売されたホウレンソウから、基準値を超える放射性セシウムが検出されたことがわかった。
福島市矢野目のJA新ふくしま農産物直売所で先月26日から今月6日までの間に販売されたホウレンソウで、1キログラムあたり520ベクレルの放射性セシウムが検出された。この春改訂された基準値も上回る数値で、県は、自主回収と福島市のホウレンソウの出荷の自粛を要請した。
この直売所では、105個が販売されていた。
[ 4/11 19:33 福島中央テレビ]

国に除染費用全額負担求め 那須の市民団体 署名3万3000人超

国に除染費用全額負担求め 那須の市民団体 署名3万3000人超
(2012年4月13日 東京新聞)

 東京電力福島第一原発事故によってまき散らされた放射性物質をめぐり、那須町の市民団体などが、除染活動の一部を国負担の対象外とする国の方針に反発して集めていた署名が、約三万三千五百人分に達したことが十二日分かった。今月中にも環境省に提出し、全額国負担を要望する。 (石井紀代美)

 国は、年間被ばく線量一~二〇ミリシーベルトの地域を含む市町村を「汚染状況重点調査地域」に指定。当初、除染費用は原則国負担としていたが、一月下旬、おおむね五ミリシーベルト以下の地域を「低い地域」と位置付け、民家の庭の表土除去などは国費負担しない方針を各市町村に示した。県内を含む首都圏全域が「低い地域」にあたる。

 これを受け、放射能汚染問題に取り組む那須町の市民団体「那須希望の砦(とりで)」が、県内外の市民団体に署名活動への協力を呼び掛けた。二万人を目標に設定し、東日本大震災から一年にあたる三月十一日から始めた。

 「砦」の事務局長大笹貴靖(たかのぶ)さん(60)は「お願いした九割以上の人は快く書いてくれた。予想を上回る数に、除染への強い要望を実感した」と振り返る。

 市民団体の各メンバーが自分の人脈を駆使して集めたほか、休日は町内の家を一軒ずつ回った。訪問すると、「これから集めるところだったんだ」と署名用紙を握りしめて出てくる人も。ホームページから用紙をダウンロードして署名を集め、県外から郵送してくれる人も多かったという。

 活動は今月十一日に終了。十二日に那須町立図書館で行った集計では三万三千五百五十一人分を確認した。回収しきれていない分を合わせれば、四万人を超える見通し。

 署名は、県内だけでなく、首都圏全域からも寄せられており、大笹さんは「『子どもたちの将来を考えた対応をしてほしい』というみんなの思いを国にぶつけたい」と力を込めた。

検査徹底で緊急会議 相次ぐ出荷停止、一部流通 タケノコ、シイタケ

検査徹底で緊急会議 相次ぐ出荷停止、一部流通 県産タケノコ、シイタケ
(2012年04月13日 千葉日報)

 シイタケやタケノコの出荷自粛が徹底されずに販売された問題を受け、県は12日、市町村の担当者や農協などを集めた緊急会議を県庁で開いた。会議では、出荷停止を受けていない自治体からも「どの時点で自粛すべきなのか示してほしい」などと県に基準を求める声が続出し、各市町村に戸惑いが広がっている現状が浮かび上がった。県は今後、ワラビなどの山菜やきのこ類、ギンナンについても検査を強化する。

 県は新基準値(1キログラム当たり100ベクレル)を超える放射性セシウムが検出された場合、市町村に出荷自粛を要請していたが、9日には白井市でシイタケが、11日には船橋市でタケノコが検査前に販売されていたことが判明。このため県は検査体制の周知徹底を図るための会議を急きょ開催し、小規模生産者の把握や、出荷前検査の結果が出るまで流通させないなどの再発防止策を求めた。

 会議では、精密検査についての不満が噴出。追加検体が100ベクレルを超えた場合も出荷停止となるため、参加自治体からは「50ベクレルを超えた時点で出荷を自粛したほうがいいのか、県が示してほしい」との声や、「学校給食用のタケノコが出荷寸前だが、どのレベルなら出せるのか」など県に基準を求める意見が相次いだ。

かつお節用薪の灰から 1万3300ベクレル

かつお節用薪の灰から基準超すセシウム 焼津で昨年8月、事業所公表せず
(2012年4月13日 中日新聞 静岡)

 焼津市でかつお節を製造する焼津鰹節組合水産加工業協同組合と協同組合焼津水産加工センターは12日、昨年8月にかつお節を作る際に燃やした薪の灰から、焼却灰の暫定規制値(1キログラムあたり8000ベクレル)を超える最大1万3300ベクレルの放射性セシウムが検出されていたと発表した。

 1万3300ベクレルの灰を埋め立て処分する作業を1年間した場合、従業員の被ばく量は年間約1・3ミリシーベルトとなり、一般の許容限度とされる1ミリシーベルトを超える。

 ただ組合とセンターが同時期に製造したかつお節の検査で放射性セシウムは検出されず、全国に流通している。

 センターによると、両事業所は昨年8月まで福島県会津若松産や北関東産の材木などが混在した状態で使用。薪はカツオを乾燥させる製造過程で使われていた。福島県産の材木は8月以降、使用していないと説明している。

 暫定規制値を超えた灰は計約8トン。センター敷地の倉庫内で鉄製の容器にビニールシートをかぶせて保管している。倉庫周辺17カ所で毎月実施している放射能のモニタリング検査では、暫定規制値を超える値は出ていないという。

 組合とセンターは3月下旬に灰の処分方法を焼津市に相談するまで、外部に公表していなかった。センターの市川保事務局長は「風評被害の恐れがあり、公表をためらった。灰から高いセシウムが出た理由もわからず、説明できる状況ではなかった」と釈明した。

 市水産課の担当者は「すぐに公表するよう促したが、事業所側の都合で発表が遅れた」と話している。

宮城のヤーコン茶から 1万7200ベクレル セシウム検出

宮城のヤーコン茶基準値超 170倍、業者が自主回収
(2012/04/12 21:00 共同通信)

 宮城県は12日、県南部の蔵王町で収穫、製品化されたヤーコン茶から業者の自主検査で一般食品の放射性セシウム新基準値(1キログラム当たり100ベクレル)の170倍を超す1万7200ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。100グラム入りの1100セットが市場に流通しており、製造業者が自主回収を始めた。

 検査は3月26日に粉末の状態で実施。国の指針では、茶などの食品は飲む状態で検査しなければならないため、県は自主回収された製品を再検査する予定。

 県によると、蔵王町の食品会社GOLDrandの製品。昨年3月から9月にかけて製造された。

3号機の燃料プールに、重さ35トンの燃料交換機が落ちていた

東電、福島原発3号機の燃料プール内の写真を公開
(2012/4/13 20:11 日本経済新聞)

 東京電力は13日、福島第1原子力発電所3号機の使用済み燃料プール内を水中カメラで初めて撮影し、写真を同日公開した。本来はプールの上をまたぐように設置され、燃料が入ったラックをつって出し入れする燃料交換機が水中に沈んでいるのが分かった。

 3号機の使用済み燃料プールには514本の燃料を入れたラックがあり、この上に重さ35トンの燃料交換機が落ちていた。ほかに建物などが破損したとみられるがれきが積み重なっていた。東電は「ラックに目立った損傷は無い。放射性物質の検出量からも損傷は無いとみられる」としている。

 3号機の使用済み燃料の取り出しは2014年末を予定しており、東電は今後もプール内の調査を続けて状況把握に努める。ただ、ラック上に交換機が落ちていたことで作業がより複雑になり、工程がずれる恐れもある。

(4月13日 15時18分 NHK) 原子炉に窒素入れる装置 一時停止

原子炉に窒素入れる装置 一時停止
(4月13日 15時18分 NHK)

東京電力福島第一原子力発電所で、13日未明、水素爆発を防ぐために1号機から3号機の原子炉などに窒素を入れる装置がおよそ2時間半にわたって停止しました。
この装置の停止は先月から4回と相次いでいて、東京電力が故障の原因を調べています。

13日午前1時すぎ、福島第一原発の1号機から3号機で、水素爆発を防ぐために原子炉や格納容器に窒素を入れる装置が停止しているのを作業員が見つけました。
このため、予備の装置を動かしておよそ2時間半後に窒素の供給が再開したほか、その後、停止した装置も再び動かしているということです。
この影響で、1号機の格納容器に設置している温度計の1つが、午前4時からの6時間で50度5分から55度5分へと5度上昇したということです。
窒素を入れる装置の故障は、先月12日以降、今月4日と7日にも停止していて、13日で4回目だということで、東京電力が故障の原因を調べています。
福島第一原発では、このほか、4号機の使用済み燃料プールで、12日午後3時前にプールに冷却水を送る配管のつなぎ目から放射性物質を含む水およそ40リットルが建物の内部に漏れ、停止している冷却水を送るポンプは再開のめどが立ってないということです。

福島4号機プールから漏れた冷却水 数万ベクレル

4号機冷却プールから漏れている「放射性物質濃度は1ミリリットル当たり数10ベクレル」というのは、1リットルだと数万ベクレルになる。20リットルだと数十万ベクレル~百数十万ベクレル。

4号機燃料プール、冷却停止=配管で水漏れ20リットル―東電
(時事通信 4月12日(木)21時21分配信)

 東京電力は12日、福島第1原発4号機の使用済み燃料プールの冷却システムが自動停止したと発表した。停止前の同日午前11時の水温は28度で、東電は1時間に0.5度ずつ上昇するとみているが、当面は問題はないという。
 東電や経済産業省原子力安全・保安院によると、12日午後2時45分ごろ、4号機燃料プールの冷却システムでポンプが自動停止した。調査したところ、廃棄物処理建屋1階で、燃料プールとつながっている配管接合部から放射性物質を含む水が約20リットル漏れているのを発見。建屋外への流出はないという。
 配管には燃料プールの冷却水が流れており、東電は「放射性物質濃度は1ミリリットル当たり数10ベクレル」と説明している。 


福島4号機のプール冷却が停止 第1原発、警報作動
(2012年4月12日 17時15分 東京新聞)

 東京電力は12日、福島第1原発4号機の使用済み燃料プールの冷却装置で午後2時44分に警報が作動し、装置が停止したと発表した。現場で水漏れの有無などを確認中。当時の水温は28度で、冷却停止中の上昇は毎時約0・5度とみられ、急激ではないとしている。

 プールの中には使用済み燃料1331本が貯蔵され、熱を発し続けている。装置はプールの水を引き出し、冷やした上でプールに戻す仕組み。警報が作動したのは水を冷やす機器の付近で、水漏れや異物の混入などの可能性が考えられるという。
(共同)


4号機で冷却システム停止、配管から水漏れ
(2012年4月12日 22:30 日本テレビ)

 12日午後、福島第一原発4号機で、使用済み燃料プールを冷却するシステムが自動停止するトラブルがあり、「東京電力」が原因を調べている。

 12日午後2時44分頃、福島第一原発4号機の使用済み燃料プールの冷却システムで異常を知らせる警報が鳴り、ポンプが自動停止した。東京電力が確認したところ、サビ止め用の薬剤を注入する配管と配管のつなぎ目の2か所から、薬剤と水がそれぞれ漏れているのが見つかった。漏れたのは20リットル程度で、水漏れはすでに止まっているという。

 プールの温度は28℃で、12日中には冷却システムを再起動する予定。東京電力は危険な状況にはないと説明している。


福島原発4号機 プールの水が漏れたら 人類史上最悪の事態に

福島原発4号機 プールのヒビ割れだけでも人類史上最悪の事態に
(週刊朝日 2012年3月16日号)から抜粋

 福島第一原発事故の直後、CNNテレビで「すでにチェルノブイリと同じレベルだ」と指摘した米原子力技術者、アーニー・ガンダーセン氏。さらに原発の即時全廃を訴える作家・広瀬隆氏が対談で福島第一原発4号機の危機的状況を指摘した。

広瀬:原発敷地内で極めて高い放射線量が検出されたのも、臨界暴走でプールの核燃料が飛び散ったと考えると、現場の状況と符合します。著書『福島第一原発 ―真相と展望 』(集英社新書)では「4号機のプールで火災が起きたら、日本を脱出せよ」と警告していますね。

ガンダーセン:4号機の核燃料プールは、今も日本列島を物理的に分断するほどの力を持っています。震災時、このプールには炉心数個分もの使用済み核燃料が入っていたのです。大気圏内で行われた過去の核実験で放出された総量に匹敵するほどの、放射性セシウムが眠っています。

広瀬:しかも、おそろしいことに、核燃料プールは遮蔽されていません。

ガンダーセン:まさに「格納されていない炉心」です。今は水で冷やしていますが、プールにヒビが入るなどして水位が下がり、冷却できなくなると、温度が上がって燃料棒の鞘であるジルコニウム合金が発火するのです。こうなると、もはや水では消火できない。核燃料が大気中で燃えるという、人類のだれも経験したことはない、おそろしい状況になるのです。

広瀬:今回の事故とはけた違いの膨大な放射性物質が出てくる。大惨事です。

ガンダーセン:まさしく。震災直後、日本では1、3号機の爆発に気を取られていましたが、米原子力規制委員会(NRC)は、この事態を非常に心配してきました。私自身もそうです。


福島第一 4号機の使用済み燃料プールが冷却が出来ない状況。保安規定で定める制限値まで70時間程度(東電記者会見一部書き出し)
(2012年2月12日 みんな楽しくHappyがいい)

2012年4月12日 東京電力記者会見午後の部(動画&書き起こし)から抜粋

東京電力の松本です。
4号機の使用済み燃料プールの循環冷却システムでございますけれども、本日14時44分ごろになりますが、熱交換器ユニットの漏洩、流量大という警報が発生いたしまして、システムといたしましては自動停止いたしております。

一次系でございますので、あのー、冷却が出来ない状況になっておりますけれども、1時間当たりの温度上昇率は、約0.5℃とみておりまして、いわゆる保安規定で定める制限値65℃までに対しましては十分余裕があるという状況でございます。70時間程度で達するという事になりますんで、それまでに冷却を再開する予定でございます。

その際、今回漏えいという警報が鳴りましたので、現場を確認いたしましたところ15時10分ごろに4号機の廃棄物処理建屋、原子炉建屋の隣にあります建屋でございますが、こちらの1階にて循環冷却システムのラインのフランジ部から2秒に1滴程度の水漏れを確認いたしております。

・放射性物質は入っているんですか?

はい!入っています。
こちらは4号機でございますので、他の2号3号に比べてはちさいですけれども、
セシウムで言いますと、確か10の2乗から6乗/立方センチメートル当たりのセシウムがあります。


今夜のたねまきジャーナルに小出先生が出演されました。↓
たねまきJ「4号機冷却装置停止・リスナーの質問」小出裕章氏(内容書き出し・参考あり)4/12

ーーー4号機関係

「福島第一原発を収束させる方法はない・恐怖の4号機」たねまきジャーナル4/2広瀬隆氏(内容書き出し)

たねまきJ「4号機プール・政治判断・韓国の原発全電源喪失」小出裕章氏(内容書き出し・参考あり)3/14

「原発危機は続いている」それでも再稼働は大丈夫? ー危険な4号機ー3/8モーニングバード
(動画&内容書き出し)

崩壊寸前4号機の燃料の取り出し方(動画&内容書き出し)
(2012年3月8日放送 テレビ朝日)

「地震があって壊れた原発が崩壊すれば日本は終わるでしょう」ドイツZDF(動画・内容書き出し)
(地震から1年後の放送)から抜粋

我々は今立ち入り禁止区域内におり、もっと詳しい事を知るために、
Naka Yukiteruさんに会いました。

Nakaさんは事務所の様子を見せてくれました。
放射線量が高すぎるためここではもう、誰も働く事が出来ません。
原子力技術者と核エネルギーの専門家が合わせて80人が彼のもとで作業をしています。

多くの人は破壊された原発を掌握するための作業をしています。
Nakaさんは状況をよく分かっています。

ー掌握はできていますか?

Naka:
それは東京電力と政府が言っている事です。
全てが安定しているとのことですが、あの中に居る人達は信じていません。
4号機の使用済み燃料プールには1300本以上の使用済み燃料棒があります。
そのうえ、使用前の物も沢山貯蔵されています。
強い地震が来たら、建屋が崩壊する可能性もあります。
もしそうなると、新たな連鎖反応が起こると考えられます。

崩れ落ちた原発の周辺地域で、今後再び強い地震が起きる可能性も、
地震の専門家によって指摘されています。

もしその時に破壊された原発が崩壊するような事があれば、
我々がその現状をすでに知っているように、日本にとっては終わりを意味するでしょう。

Copyright © 2009 株式会社ウインドファーム.  

中村隆市ブログ「風の便り」 コーヒー関連ブログ「豆の便り」 スタッフブログ「土の便り」 /abbr/li