沿革

1987年 有機農産物産直センターを設立。無農薬野菜、無添加食品などの販売を始める。
1988年 自社焙煎による無農薬コーヒーの販売を開始する。後にコーヒー専門会社となる。
1991年 チェルノブイリ原発事故で被害を受けた人々の医療支援のため「チェルノブイリ支援コーヒー」の販売を開始。
1993年 有限会社有機コーヒーを設立。ジャカランダ農場との提携が始まる。
1997年 株式会社ウインドファームを設立。以後、輸入、製造を有機コーヒー社が、販売をウィンドファーム社が担う。
「ジャカランダコーヒー物語」を発行する。
1998年 6月、コロンビアで開催された国際有機コーヒーセミナーに弊社代表がフェアトレードのモデルケースとして招聘され講演。10月、ジャカランダ農場へのスタディーツアーを実施。11月、ブラジル、コロンビア、エクアドルから生産者や研究者を招き、日本各地で国際有機コーヒーフォーラムを開催。
1999年 エクアドル・インタグコーヒー生産者協会と提携しインタグコーヒーの販売を開始。
2000年 ジャカランダ農場へのスタディツアーに日本、エクアドル、メキシコ、コロンビアから参加。
ブラジルの3つの州で、有機コーヒー・フェアトレード国際会議を開催。
ブラジル初のオーガニック・カフェ「テーハベルジ(緑の大地)」をパラナ州クリチバに開店。
2001年 エクアドルより有機コーヒー生産者や郡知事、音楽家を日本に招く。
市民団体とともに、森の大切さや平和を考えるフィエスタ・エクアドルを各地で開催し、ライブイベント、シンポジウム、交流会を行う。
南米の先住民が語り継ぐ「ハチドリの物語り」を日本で紹介する。
2002年 スローライフを特集したNHKの番組「クローズアップ現代」で、スローなビジネスの実践例としてジャカランダ農場とウインドファームの取り組みが紹介される。(4月)
ブラジルに続き、エクアドルにおいて、有機コーヒー・フェアトレード国際会議を開催。
環境団体と共に環境活動家 セヴァン・スズキを日本に招き、日本各地で講演会を実施(弊社代表と対談)。
2003年 テレビ朝日系「素敵な宇宙船地球号」において、森を守る取り組みとして、エクアドル・インタグコーヒーの森林農法が紹介される。(4月)
夏至の日、みんなで電気を消して省エネや平和を想いながら、ローソクを灯す「100万人のキャンドルナイト」と連動し、各地でイベントを開催。
メキシコ・トセパン協同組合と提携し、森林農法で栽培されたトセパンコーヒーの販売を開始。
トセパン協同組合からゲストを招き、日本各地で森林農法をテーマとするイベントを開催。
2004年 「いのちを大切にする仕事」を広めるために、スロービジネス・スクールを開校。(5月)
『スロービジネス』(中村隆市、辻信一の共著)をゆっくり堂から出版。(11月)
ブラジルのマシャード市から弊社代表の中村隆市が名誉市民章を授章。(12月)
2005年 エクアドルの先住民から聞いた「森を守るハチドリ(クリキンディ)の物語」を日本に紹介。ナマケモノ倶楽部と共に『ハチドリのひとしずくコーヒー』をつくり、収益の一部を森林保護活動に寄付
2006年 メキシコ・トセパンの森で森林農法について学ぶエコツアーを実施。
福岡県田川郡赤村にてスロービジネスカンパニーと共同でゆっくり村プロジェクトをスタートさせる。(3月)
赤村に直営のスローカフェ・クリキンディをオープン。(5月22日)
NHK「地球環境の旅」において、地球温暖化への有効な対応として、トセパンの森林農法の実践が紹介される。
2007年 メキシコ・トセパンへのエコツアーを実施。トセパン30周年とWF20周年の記念行事を行う。(10月)
2008年 エクアドルより来日したアウキ郡知事、カルロス・ソリージャ氏によるイベントを開催。(5月)
エクアドル・インタグ地方を中心としたエコツアーを実施。
2010年 弊社とカルロスさんとのフェアトレードが絵本になる。
*『考える絵本 しあわせ』辻信一著・大月書店
2011年 環境問題や社会問題について語り合う場をつくるため「いのちの映画祭」を開催。
福島原発事故が発生した3月以来、放射能から子どもを守る取り組みを始める。
2013年 有機栽培カフェインレスコーヒーの販売を開始。
2014年 市民団体と協力して、セヴァン・スズキ講演会を開催(弊社代表と対談)。
エクアドル・インタグの「ハビエル村長と森を守るコーヒー」の販売を開始。
「アグロフォレストリー全国キャンペーンツアー2014」を主催。
2015年 放射能から子どもを守る企業と市民のネットワーク」を設立
メキシコ・トセパン協同組合の「ハリナシミツバチの発酵ハチミツ」を販売開始。
2016年 原発をやめない電力会社から新電力会社に切り替えるキャンペーンを呼びかける。
ウインドファームの電気をみやまスマートエネルギーに切り替える。
セヴァン・スズキの Be the Change! ツアー2016 ミライノセンタク 全国ツアーを主催
2017年 グアテマラ・フェセグ協同組合のスペシャリティコーヒーを販売開始
ウインドファームグループの30周年を記念して、エクアドル、メキシコ、タイで森林農法に取り組む生産者団体のリーダーを招いて、第1回オーガニックコーヒー手煎り焙煎選手権大会を開催。

 

ウインドファーム 設立までの経緯 と 設立後の歴史

1 環境問題との出会い

1974年、ウインドファーム代表の中村隆市が胎児性水俣病の患者さんと出会ったことがきっかけとなり、公害や環境問題に関心を持ちはじめました。その頃、朝日新聞に連載されていた、有吉佐和子さんの「複合汚染」を読み、農薬や食品添加物などの化学物質の問題と有機農業の重要性を知りました。

1978年、有機農業の生産者になるべく山村に移住し、無農薬で米と野菜をつくり始めます。しかし、農薬も化学肥料も使わずに栽培した野菜は一般の野菜に比べ、小さかったり、「見た目が悪い」ことで、消費者に理解されませんでした。1980年、有機農業を広めるためには消費者の意識と流通システムを変えることが重要だと考えた中村は、生活協同組合に就職。農薬の勉強会と並行して農作業を手伝う援農を行いながら産直運動と青空市場を各地に広めることで、有機農業生産者を増やしていきました。

そのような中、1986年にチェルノブイリ原発事故が起こり、日本の農地も放射能で汚染されました。

2 有機農産物産直センターの設立 (1987年)

原発事故によって汚染されたヨーロッパの食品が「途上国」にまわされたと知り、放射能に弱い子どもたちが心配になりました。そうした問題に対して、私にできることはないかと考えて生協を退職。有機農産物産直センターを設立して、途上国支援も行う「有機八百屋モモ」を開店しました。飢餓に苦しむアフリカ支援のコーヒーも販売開始。ところが、2ヵ月後に劇症肝炎で入院(山村の農薬多用と浅井戸への農薬混入が原因と思われる)。福岡県有機農業研究会の会長だった安藤孫衛医師が院長を務める安藤内科に4ヶ月入院、退院後、自宅療養により奇跡的に完治しました。

1988年、幅広くやっていた事業をコーヒーだけに絞って再起することにしました。コーヒーの産地である途上国とつながることで、将来、子どもたちの困難な状況を少しでも改善していきたいと考えてのことでした。それまで、有機農業を広める仕事に取り組んできた中村は、途上国にコーヒー栽培をきっかけとして有機農業を広めていきたいと考えました。その頃、日本には無農薬栽培コーヒーはありませんでした。生産者も焙煎技術もないところからのスタートでした。

事業スタートから4、5年して、夫婦2人で働いて1人分ほどの給料を得られるようになりました。1991年からチェルノブイリ支援コーヒーを開始。原発事故被害者の医療支援を開始しました。

3 (有)有機コーヒーを設立 (1993年)

日本の有機農業を育ててきた生産者と消費者の相互扶助を基本とする「提携」のように、心の通うコーヒー生産者との出会いを求めて南米に何度も出かけました。生産者と消費者の関係を育てる国際産直です。

1993年4度目の訪問で、カルロス・フランコさんと奇跡的に出会い、本格的な提携が始まりました。産地情報を冊子『エコロジーの風』にまとめて発行したり、動画『ジャカランダリポート』も制作しました。また、カルロスさんの影響により周辺地域にも有機農業が広まりはじめ、ジャカランダ農場の見学者も年々増えていきました。国内では、オーガニック食品を求めるお客様だけでなく、チェルノブイリ支援コーヒーや福祉作業所を応援するコーヒーなどが全国に広がっていきました。

(詳細は「ジャカランダコーヒー物語」をご覧にください。)

4 (株)ウィンドファームを設立 (1997年)

原発事故から見えてきた世界の格差問題に対して、何かやれないかという思いから事業を起こして10年が経ちました。途上国の生産者とのつながりを広げ、いろいろな農産物を扱いたいという思いがあったことと、お客様より、コーヒー以外のオーガニック食品の要望も増えたことから「ウィンドファーム」を立ち上げました。「新しい風を起こす」という意味と、原発に替わるエネルギーとして、再生可能エネルギーの中でも重要な風力発電の拠点という意味で、社名を決めました。

自社焙煎の技術が高まったことにより、有機栽培コーヒーの特長である「マイルドな甘味とほのかな酸味の調和のとれた優しい味」を生豆から引き出せるようになり、味の評価が年々高まっていきました。

1998年6月 コロンビアでの国際有機コーヒー会議に招待されました。この会議では、有機コーヒーのフェアトレードモデルとして、カルロスさんから有機栽培の技術について、中村からは生産者と消費者とのつながりを大切にする「提携」について講演させていただくことができました。

その国際会議でメキシコのパトリシア・モゲル氏(アグロフォレストリー研究者)に出会い、後に、トセパン協同組合を紹介していただくことができました。今や、トセパンが生産するコーヒーは、ウィンドファームの代表的なコーヒーのひとつになっています。

1998年11月、ブラジル、コロンビア、エクアドルから有機コーヒーの生産者と研究者を日本に招いて、「国際有機コーヒーフォーラム」を福岡と関東で開催しました。そのフォーラムに参加した、辻信一さん、アンニャ・ライトさんとの出会いが環境=文化NGO「ナマケモノ倶楽部」の設立につながります。

1999年2月 エクアドルのインタグ地方を訪問し、森林農法のコーヒー園を見学。「鉱山開発」という名の自然破壊をくい止めているコーヒー生産者と出会います。生産者の「美しい自然を子どもたちに残したい」という熱い思いに打たれた中村は、生産者がその思いを持ち続けるためには適正な価格で買い支えることが不可欠だと考え「できたものは全て買います」と約束してインタグコーヒーのフェアトレードが始まりました。

1999年7月 ナマケモノ倶楽部を設立。翌年からスロー、カフェスロー、スローウォーターカフェ、ゆっくり堂などの関連会社も設立され、ナマケモノ倶楽部会員による「スローカフェ」も全国に増えていきました。

5 今後の展望

おかげさまで、ウィンドファームグループは、2017年に創業30周年を迎えることができました。「ビジネスを通じて、社会を変えたい」「いのちを大切にする仕事」を広めていきたいとの思いを持ち続けて事業を展開してこられたのは、生産者の皆さんとウィンドファームの製品をご支持いただいた皆さんのおかげです。心からお礼を申し上げます。

振り返れば、水俣病やチェルノブイリ原発事故が大きなきっかけとなって、ウィンドファームが生まれたわけですが、2011年3月、福島第一原発が世界最悪レベルの原発事故を起こしました。チェルノブイリ原発事故被害者の医療支援に関わり、何度もチェルノブイリに薬や医療機器を届けに行くなかで見てきた被害の実態と日本の状況がだんだん似てきています。原発事故の前は、子どもの甲状腺がんは100万人に1~2人。未成年の甲状腺がん年間発生率も100万人に2~3人でした。ところが、子どもが30数万人しかいない福島県で、子どもの甲状腺がんが200人を超えており、その70%以上がリンパ節や肺に転移しています。さらに福島では、チェルノブイリでも急増した心臓病(急性心筋梗塞など)が全国平均の2倍以上に増えており、福島県外にも病気が広がりつつあります。

日本もできるだけ早く 、チェルノブイリのような法律(年間1ミリシーベルト以上の汚染地域には「移住の権利」があり、5ミリシーベルト以上の地域は「移住の義務」と住民に賠償や補償をする法律)をつくる必要があります。ところが、日本では、被ばく対策が進むどころか、逆に、避難した住民を20ミリシーベルト以下の放射能汚染地に戻す政策を進めています。政府は今、水俣病のときと同じように「目先の経済」を重視して、住民の「健康や生命を軽視」しています。ウィンドファームでは、そのことを見過ごすことはできないため、「放射能から子どもを守る企業と市民のネットワーク」という団体を設立しました。詳しくは、ホームページ(http://hokinet.jp)をご覧下さい。

これからもウィンドファームは、「いのちを大切にする仕事」を通して、人間だけでなく、動植物や未来世代も含めたみんなが共に幸せに生きていける社会をつくる一員であり続けたいと願っています。

皆様と共に、こうした仕事を続けていくことができれば幸いです。

中村隆市ブログ「風の便り」 コーヒー関連ブログ「豆の便り」 スタッフブログ「土の便り」