2011/11/23

すべての子どもたちの命を守る「ふくしま集団疎開裁判」

大事なメッセージが届きました。一人でも多くの人にこの裁判の重要性を知ってほしいと思います。(拡散希望)

講談師の神田香織さん、俳優の山本太郎さんら11名のビデオメッセージを裁判所に提出

6月に、郡山市の小中学生14名が郡山市を相手に訴えた「子供たちを安全な場所で教育せよ」を求めるふくしま集団疎開裁判は、まもなく裁判所の判断が下されます。

この裁判の結果いかんで、14人の子どもの命を守るにとどまらず、福島県全体の子供たちの集団疎開が実現するばかりか、被ばくの危険に晒されている子供たちの安全について抜本的な見直しにつながります。

それだけに、この裁判に反対する政府・産業界の風当たりも強く、そこで、「疎開せよ」という裁判所の判断をいかに多くの市民が支持しているかということを世に知らしめる必要があります。

その取組みの一環として、ネット上で、日本中、世界中の人たちが福島の子どもたちを救う裁判を支持していることを世に示そうと、「疎開裁判賛同を表明するアクション」をスタートさせました。
http://fukusima-sokai.blogspot.com/

アピール文を読み、疎開裁判を賛同する方には一番下の「賛同」の□にチェックを入れて、賛同の意思表示をお願いいたします。

このあと、英語版、中国語版、韓国語版、‥‥と外国語版をアップし、世界中の市民から賛同の意思を表明してもらう積りです。

皆さまから一人でも多くの賛同の声をここに表明していただくよう、お願い申し上げます。

よろしくどうぞ。

  —————————————–
   ふくしま集団疎開裁判
   http://fukusima-sokai.blogspot.com/
  —————————————–

Comments are closed.

Copyright © 2009 株式会社ウインドファーム.  

中村隆市ブログ「風の便り」 コーヒー関連ブログ「豆の便り」 スタッフブログ「土の便り」 /abbr/li