2020/06/16

2020年6月21日夏至 キャンドルナイト・メッセージ

今から300年ほど前の日本に三浦梅園という医者がいました。
「自然哲学者」ともいわれる彼が、こんな言葉を遺しています。
「枯れ木に花咲くに驚くより、生木に花咲くに驚け」

枯れた木に花が咲くと人々は、奇跡が起こったといって驚く。だが、ほんとうに驚くべきことは、生きた木に毎年花が咲くことではないか、と梅園は言っています。

毎年、春がくると梅が咲き、桜が咲くことは、あたりまえのこと。
私たちが、朝起きて、目が見え、音が聞こえ、手足が動く、それもあたりまえ。

肺が働くから空気を吸える。胃や腸が働くから食べ物を食べられる。心臓が働くから血液が全身を巡ることができる。人間の心臓は、80年生きると、およそ30億回も鼓動を打ち、心臓を収縮させて、全心に血液を送る。それを昼も夜も寝ているときも続けている。これもあたりまえ。

あたりまえのことに対して、私たちはあまり関心を持たない。
だから私たちは、自分の身体に感謝することは、あまりない。
同様に、空気や水や食物を提供してくれる森や大地や海に対しても あたりまえだから、あまり感謝することがない。

しかし、こうした無数の「あたりまえ」が私たちのいのちを支えている。
「枯れ木に花咲くに驚くより、生木に花咲くに驚け」というのは、「あたりまえのことに奇跡が宿っている」という意味でもある。

地球という星に空気があること、水があること、土があること。山があり、川があり、海があること。草があり、木があり、森があること。虫がいて、鳥がいて、魚がいること。多様な動植物が生きていること。

全ての生命(いのち)の母が地球であり、この星に生きる皆が私たちの家族であること。
そのことに気づくことができれば、これまでの人間の行為がいかに自己中心的であったか、理解できるだろう。

1979年に米国のスリーマイル島で原発事故が起きても
1986年にソ連のチェルノブイリで原発事故が起きても
日本は原発を増やし続けた。

2011年に日本の福島で原発事故が起きたとき、多くの親たち、特に母親たちは、子どもを放射能(放射線)から守ろうと福島県や関東、東北から避難した。

避難先でお母さんたちがこう言った。「ここに子どもたちと避難してきて初めて、窓を開けることができた。安心して空気を吸うことができた。安心して水を飲むことができた。子どもに外で遊んでいいよって言えた。裸足で遊んでいいよ、土にさわっていいよ、落葉もさわっていいよって言えた。安心して森に入り、川に入り、海に入ってもいいよって言うことができた。これほど、うれしいことはない」と。

原発はウランを掘るところから自然の破壊と汚染が始まり、稼働中も汚染を広げ、十万年以上も毒性が残る「放射性廃棄物」を未来世代に残す。

私たちにとって、本当に大事なものは何なのか

46億年前、広大な宇宙の中に誕生した「地球」という奇跡
その星に生まれることができた奇跡 その星で家族と共に生きている奇跡 

そのことがどれほど幸せなことか

それを思い出すために、6月21日夏至の夜、でんきを消してキャンドルを灯したいと思います。

ナマケモノ倶楽部 
共同創立者 中村隆市

キャンドルナイト2020夏至
原発事故から9年、福島で増えている病気

[Summer Solstice June 21st, 2020 Message for Candle Night]

About 300 years ago, there was a Japanese doctor called Baien Miura, who is also known as a natural philosopher.
He said like this. “It’s more amazing to see flowers blooming on a live tree rather than to see them on a dead one.”

People say it’s a miracle to see flowers blooming on a dead tree but, he says, it’s more miraculous flowers blooming on a ”live” tree every year.

We take it for granted to see plum or cherry blossom blooming every spring, equally as we waking up every morning and seeing things, hearing things and moving our hands and feet.

We can breathe air because our lungs work. We can eat food because our stomach and intestines work. Blood can flow throughout our body because our heart works.
Out heart beats 3 billion times and pump blood all over our body during our 80 years life span. It keeps working days and nights.
We take that for granted too.

We don’t care much about ordinary things. So we rarely thank out body.
Similarly, we take it for granted that the ocean and earth that provide us air, water, and food. We rarely appreciate it.

However, these “ordinary things” support our lives.
“It’s more amazing to see flowers blooming on a live tree rather than to see them on a dead one.” means that we can see miracles in these “ordinary things”.

The earth holds air, water, and soil. There are mountains, oceans, and rivers. There are grasses, trees, and woods. There are insects, birds, and fish.
Diverse creatures live in this world. All lives belong to the Mother Earth and they are our family.
If we are aware of this fact, we can start seeing how we, human beings, behave egotistically on the planet of earth.

Even after The Three Mile Island accident happened in 1979, and even after The Chernobyl disaster in 1986 happened, more nuclear
power plants have been built in Japan.
Then, when Fukushima nuclear power plant was burst in 2011, many parents, especially mothers, evacuated from Fukushima,
the Tohoku Region and the Kanto Region in order to protect their beloved children from the radioactive contamination.

These mothers said to me after they settled in a safe place.
“I couldn’t open the window until I evacuated with the children here. Finally, I could inhale air, and drink water without any concern.
I could tell our kids to go to play outside with barefoot, okay to touch the soil and leaves on the ground. We could let them walk into
woods, rivers, and beaches. There is nothing happier than this! ”

Destruction and contamination of nature by the nuclear power plant starts from the point of digging uranium out of the underground, and spreads pollution even during the operation.
It leads to the creation of radioactive wastes that will remain toxic for more than 100,000 years in future generation.

What is really important thing for us?

4.6 billion years ago, the mother Earth was born miraculously in the vast universe.
We are so fortunate to be able to be born on this planet and be able to live with our family here.
Is there anything happier than this for us?

On the night of June 21st, the summer solstice, I would like to turn off electric lights and light up candles instead, remembering and thanking this miracle.
https://bit.ly/2ABwMDR

The Sloth Club
Co-Founder? Ryuichi Nakamura

https://www.facebook.com/theslothclub/posts/3057798944308801

Comments are closed.

Copyright © 2009 株式会社ウインドファーム.  

中村隆市ブログ「風の便り」 コーヒー関連ブログ「豆の便り」 スタッフブログ「土の便り」 /abbr/li