放射線防護・原子力安全研究所(IRSN)報告

放射線防護・原子力安全研究所(IRSN)報告 福島原子力発電所事故から66日後の 北西放射能降下区域住民の予測外部被曝線量評価 ――住民避難対策のインパクト―― 報告DRPH/2011-10 ヒト放射線防護局 要約  2 […]

続きを読む

震災取材の韓国KBS撮影監督ら、被ばく許容限度超える

震災取材のKBS撮影監督ら、被ばく許容限度超える 【ソウル11日聯合ニュース】3月に発生した東日本大震災の取材に当たったKBS映像制作局の撮影監督らが、基準値を超える放射線量を被ばくしていたことが11日までに分かった。 […]

続きを読む

内部被ばく4700件 県外原発で働く福島出身作業員

東日本大震災:内部被ばく4700件 県外原発で働く福島出身作業員、事故後立ち寄り  ◇周辺住民にも不安  東京電力福島第1原発の事故後、福島県外で働く同県出身の原発作業員から、通常ならめったにない内部被ばくが見つかるケー […]

続きを読む

「子どもには年1ミリシーベルト適用を」山内神戸大教授

「子どもには年1ミリシーベルト適用を」山内神戸大教授(神戸新聞 5/24 10:15)   福島第1原発事故で放射線が検出された福島県内の小中学校について、国が屋外活動制限の可否を判断する目安とした年間の積算放射線量20 […]

続きを読む

高木大臣には、辞任してもらいましょう

5月23日、20mSv撤回と子どもたちの被ばく最小化を求める福島県の親たちがバス2台で文科省へ。ところが高木大臣は面会拒否を宣言 20ミリシーベルトのままだと数百から数千人の子どもがガンになる可能性があります。 ★子ども […]

続きを読む

地域で放射能を測定することの大切さ 

以前、ブログで紹介した「衝撃の放射能測定値・・・福島の小学校通学路など」に出てくる動画のように放射能の汚染数値は、1m離れると数値が大きく変わることがあります。私自身もチェルノブイリ原発事故で70%の放射能が降り積もった […]

続きを読む

ECRR(欧州放射線リスク委員会)2010年勧告

今の日本にとって、大変重要なメッセージが届きました。 「ECRR(欧州放射線リスク委員会)2010年勧告」からの抜粋です。 ECRRモデルの成功とは、それが核分裂生成物によるある内部被ばくによってもたらされる発ガンやその […]

続きを読む

原発から50キロ以上離れた田んぼの土から高濃度のプルトニウム

未確認情報ですが、今後の報道に注目したいと思います。 ・・・・・・  5月11日には、神奈川県の南足柄市で栽培されていたお茶畑から政府の基準を上回る放射能(セシウム)が検出されている。また、ある食品メーカーが独自に調査し […]

続きを読む

日本医師会 「20ミリシーベルトの基準引き下げを」

20ミリシーベルトの基準引き下げを 学校屋外活動で日医 2011.5.12 21:50  学校での屋外活動を制限する放射線量を年20ミリシーベルトとする文部科学省の基準について、日本医師会は12日「子どもに対し、国の対応 […]

続きを読む

福島の子どもたち 20ミリシーベルト問題 重要なテレビ番組

まだ見てない方は、ぜひ見てください。そして、広めて下さい。 2011.5.10 フジTV・とくダネ 福島の子供たち 20ミリシーベルト問題 (動画) (5/15★上記の動画が消されたので、コチラのサイトを見て下さい) チ […]

続きを読む
中村隆市ブログ「風の便り」 コーヒー関連ブログ「豆の便り」 スタッフブログ「土の便り」