2011/06/08

福島から 避難受け入れ

弊社では、スロービジネスカンパニーと共同で、自主避難の受け入れ事務局を行っています。震災以降、たくさんのお問い合わせをいただき、各地の避難先へのご紹介などを行っています。

そんな中、長く弊社のコーヒーをご購入いただいていたお客様の娘さんが、ウインドファームを頼って福岡に避難していらっしゃいました。放射能汚染の広がりつつある福島から、知り合いは誰もいない中、19歳の女性がたった一人での自主避難です。

福島と福岡。

私自身、生まれてから福岡以外で暮らしたことがありません。もし、逆の立場で、福岡から福島に避難するとしたら・・・と考えると、右も左もわからずおろおろしそう・・・と不安だらけでした。

今回は大人の避難ですが、深津高子さんが書いてくださった「幼い子どもたちが避難する際のケアについて」のをもう一度読み返し、その中でも【避難先に着いたら】の項目を参考に避難を受け入れる立場としてできることを考えました。九州全体の地図、住むことになる家周辺の地図、移動する際に必要なバス停の時刻表、買い物する場所の案内、などをご用意しました。

6月1日に福岡に到着し、そろそろ1週間がたちました。生活も少しずつ落ち着いたようです。普通に窓を開けられることができる、と話していた姿が印象的でした。

今日は、彼女の20歳の誕生日。夜は、お誕生日会をします。
(スタッフ 増永)

2011/06/02

コーヒーを提供いたしました。

ご縁がありまして宮城県亘理郡の亘理いちごっこさんへ、コーヒーを提供いたしました。地元で被害が少なかった地域の主婦のみなさんが、より被害の大きかった被災者やボランティアの方々のために活動していらっしゃる食堂です。

この度の震災では、あまりの規模の大きさに、自分の小ささを思い知るばかりでしたが、一つずつ、今のここから、福岡から、という意識で過ごしています。今回こうして、亘理いちごっこさんとご縁をいただいたことで、点と点としてつながりができたことを嬉しく思います。今のところ、8月までは活動が決まっているとのことで、これからも遠くからですがコーヒーを通して思いを寄り添っていけたらと思っています。
(スタッフ 増永)

2011/05/13

6月1日〆切 SBS9期生を募集中です。

東日本大震災で、お亡くなりになられた方々の
ご冥福をお祈りするとともに、被災された方々に
お見舞い申し上げます。

3.11以来、未曾有の出来事だらけ、
被災地のある方は、

「お金や物資よりも希望がほしい」と。

できることは色々ありますが、
スロービジネスもその一つ。

ウインドファームとも共同事業などで
関わりが大変深いスロービジネススクール(SBS)で
新入生を募集しています。

私もSBSの5期生です。

スロービジネスの輪に加わってみませんか?

以下、2011年6月22日開講(6月1日〆切)の
SBS9期生募集案内です。(転載歓迎)

■◆□◇■◆□◇■◆□◇■◆□◇■◆□◇■◆
スロービジネススクール(SBS)
2011年6月開講
9期生募集しています!
<6月1日〆切>
□◇■◆□◇■◆□◇■◆□◇■◆□◇■◆□◇

今だからこそ、
いのちを大切にする仕事と生き方、
してみませんか?

スロービジネススクール(SBS)は
6月22日開講の9期生を募集しています。

本当の持続可能性とは、
本当に自然・命にやさしい世界とは、

地震・原発事故以来、
様々な所で問われています。

そんな中、これからの希望として
スロービジネスの可能性、重要性を
ひしひしと感じています。

「いのち」「分かち合い」「自然との調和」
「簡素で愉しい暮らし」。おカネや効率重視
の「ファスト」な考えではなく、

こうした想いを大切にする仕事と生き方が
「スロービジネス」。

SBSは、このスロービジネスを学び、
創り、応援し、広めていくための場です。
全国にいる約100名のメンバーが学び合い、
育ち合いながら活動しています。

インターネット上(SNS、ML、サイトなど)での
情報交換・対話と実際に顔を合わせての合宿や
講座を通して自分なりのスロービジネスや
スローライフを形づくることができます。

たくさんの方々のご応募お待ちしております!
詳細はSBS公式HPをご覧ください。

http://www.slowbusiness.org/

=================
★★募集要項★★
=================

◆応募資格◆
インターネットでの情報交換ができる方。日本語にて情報交換ができる方。
年齢、居住地、国籍、職業は問いません。

◆6月入学9期生入学の応募締切◆
必要書類を2011年6月1日(必着)までにお送りください。
※一部のチラシには5月23日となっていましたが、
正しくは6月1日〆切です。

◆審査◆
書類審査のみ。

◆合格発表◆
6月7日頃:メールにてお伝えします。

◆提出書類◆
・提出された出願書類は、理由の如何にかかわらず
返却いたしませんので、ご了承ください。

★1)履歴書(写真付き、E-mail記載、希望コース記載)
提出先:郵送にてSBC事務局宛

★2)「スロービジネススクールおよびスロービジネスカンパニー設立趣意書」

http://www.slowbusiness.org/staticpages/index.php/200706setsuritsusyuisyo

と「スロービジネススクールの構想・発端」

http://www.slowbusiness.org/staticpages/index.php/200706_SBS_summary

をそれぞれ読んだ感想を400字以内で。
提出先 :メールにてSBC事務局宛

★3)課題図書の感想文

以下の必須課題図書3冊全ての感想文3本と、選択課題図書・DVDの中の
AグループとBグループからそれぞれ各1冊or1枚づつ選択し、その感想文を2本、
合計5本の感想文。
※それぞれ400字?800字以内程度で。

◆必須課題 (スロービジネスの考え方・生き方について深めてください)

◆『スロービジネス』 辻 信一・中村 隆市:ゆっくり堂(1,050円/207ページ)
◆『GNH もうひとつの<豊かさ>へ、10人の提案』 辻信一編著:大月書店(1890円/287ページ)
◆『減速して生きるーダウンシフターズ』高坂勝:幻冬社(1,365円/259ページ)

■選択課題 (世の中の現状を知り、オルタナティブな具体例について深めてください)

A1■『知ることからはじめよう』 スロービジネスカンパニー(300円/52ページ)
A2■『原子力発電がとまる日』 スロービジネスカンパニー(300円/40ページ)
 
B1■田中優講演DVD「原子力エネルギーと別れ豊かに暮らす仕組み作り」
   スロービジネスカンパニー(1200円/1時間43分)
B2■小出裕章講演DVD「六ヶ所再処理工場が問う私たちの生き方」
   スロービジネスカンパニー(1200円/1時間38分)

提出先:メールにてSBC事務局へ

※課題はスローライフスタイルショップ膳(Zen)にてご購入いただけます。

http://shop.slowbusiness.org/

◆応募書類提出先・問い合わせ先◆
*履歴書は郵送/感想文はメールで提出してください。

一般社団法人スロービジネスカンパニー(SBC)事務局
〒807-0052 福岡県遠賀郡水巻町下二西3-7-16
(株)ウインドファーム内
Tel: 093-701-8996/Fax: 093-201-8398
E-mail: sbc(a)slowbusiness.org
(a)は@に変えてください。

□◇■◆□◇■◆□◇■◆□◇■◆□◇■◆□◇
■◆□◇■◆□◇■◆□◇
□◇■◆□◇■

スタッフ
竹之内

2011/03/23

4月3日 子育ちの素敵なお話と歌で、お母さんに元気になってもらうための一日

みなさん、こんにちは。
まだまだ震災や原発の影響が続きますが、
「平和は子どもたちから始まる」というトークイベントがあります。
4月2日にはランチ付きでクリキンディにて開催。
4月3日は福岡市内にて開催されます。
まだ、席に余裕はあります。

: .・*: .。: *: * 。.・*:。: *: * .・*: .。:: .・*: .。: *:
子育ちの素敵なお話と歌で、お母さんに元気になってもらうための一日
深津高子 講演会&マザートーク(中村淳子)コンサート
: .・*: .。: *: * 。.・*:。: *: * .・*: .。:: .・*: .。: *:

「拝啓、お母さん。毎日の家事と育児。ほんとうにありがとうございます。
たまには、ゆったりのんびりのほほんと、子育ちの大切な話しや心やすらぐ歌を聴きながら、
ゆるやかな時間をすごしてみませんか?
このたびモンテッソーリ教師の深津高子さんと歌手のマザートークさんをお招きして、お母さんたちへの
ありがとうをこめた催しを致します。日ごろの子育ちをふり返り、そして新たな気づきを未来へとつなげていく時間。
どうぞおたのしみください。」

march22 002.jpg march22 003.jpg

2011年4月3日(日) 開場13:30〜 プログラム14:00〜17:00
場所:どろんこ保育園 福岡市博多区住吉1−2−50 ・電話:092−271-3343
参加費:1000円(オーガニックコーヒー付き)

*託児あり 対象:未就学児まで(託児は3月26日までにお申込みください)
お子さんお一人につき300円をお願いします。

問い合わせ&申込み
ウインドファーム
tell:093−202-0081 (担当:矢野)
fax:093−201-8398
e-mail: hirorin★windfarm.co.jp
★は@に変更してください。

【深津高子さんプロフィール】
保育環境コンサルタント
国際モンテッソーリ協会理事 http://www.montessori-ami.org/
NPO法人幼い難民を考える会理事 http://www.cyr.or.jp/
エコラージュ工房代表 http://ecollage.info/

Gデザイナーや語学教師、通訳の仕事を経て、80年代、インドシナ難民流出を
きっかけにタイに行き、メコン河沿いに住む。そこで救援活動に関わるうちに、
国際協力や援助の在り方に疑問を持ちはじめ、恒久的な平和を生み出すための方
法論を模索中に「希望の家」に出会う。帰国後、国際モンテッソーリ教師の資格
を取得し、東京・府中市にある無認可のモンテッソーリ園に勤める。現在は、全
国の幼稚園・保育園に出向き、子どもの視点に立った「保育環境アセスメント作
業」に取り組んでいる。
『デチタ、でチた、できた!』(ウインドファーム/2011年刊)の監修も務める。
https://www.windfarm.co.jp/dechita

【マザートークさんプロフィール】
長女の妊娠・出産をとおして、いのちの歌が自然に沸きはじめる。
長女が2歳になったのをきっかけに音楽活動を開始。2005年、CD「mother-tone」をリリース。
二女を自宅出産。第三子は短いいのちを子宮で全うする。
二女の誕生の記録を公開し、幸せなお産や、いのちについてのトークやライブを続けている。
2010年、生と死、深いいのちの世界をうたったCD「産霊 ムスビ」をリリース。
食や農、エネルギーに関するイベントから心霊体をひとつにつなげるボイスワークなど、幅広く活動中。

2011/03/10

環境と暮らしをまもる森林農法とみんなのお金というしくみ

フェアトレードパートナーであるトセパン協同組合とその地で生きる子どもについての文章が載った書籍が発行されました。
弊社代表・中村隆市が文章を書いています。

「私たち大人も、子どもたちから学んだ方がいい。この本には、大変な状況にあっても希望を持って生きる彼らの20の物語りがつまっています」(セヴァン・カリス=スズキのメッセージ・帯びより)

困難な状況やそれを打開する知恵までたくさんのヒントがつまった本です。
弊社刊行の『デチタ!』の監修をしてくださった、深津高子さんも原稿を寄せています。

『紛争、貧困、環境破壊をなくすために 世界の子どもたちが語る20のヒント』

小野寺愛+高橋真樹 [編著] ピースボート[編] 合同出版 2011年
1470円(税込み)

目次
第1章  紛争に生きる子どもたち
1イラク 戦争と子どもたち〈佐藤真紀〉
2カンボジア 地雷原の村の子どもたち〈森田幸子〉
3ベトナム 終わらない戦争?枯葉剤と子どもたち〈高橋真樹〉
4紛争が終わっても?南部スーダンで生きる子どもたち〈中西美絵〉
5パレスチナ ガザ、空爆の下で暮らす家族〈高橋真樹〉
【コラム1】ガザ問題のその後〈高橋真樹〉

第2章  貧困とたたかう子どもたち
6ケニア 学校に行きたい?ムトゥワパ村の子どもたち〈高橋真樹〉
7バングラディッシュ フェアトレードがつむぐ子どもたちの未来〈小野倫子〉
8グアテマラ 病とたたかう子どもたち〈高橋真樹〉
9メキシコ 環境と暮らしをまもる森林農法とみんなのお金というしくみ〈中村隆市〉
10ブラジル 貧困と格差を乗り越えて築いて行く未来〈下郷さとみ〉
【コラム2】軍事費を減らして、貧困のない世界をつくろう〈小野寺愛〉

第3章  自然環境と子どもたち
11 ベラルーシ コウノトリよ、はばたけ! チェルノブイリの子どもたち〈佐々木真理〉
12 ツバル海面上昇によって脅かされる豊かな暮らし〈遠藤秀一〉
【コラム3】温暖化とチェルノブイリ 自然エネルギー革命!〈小野寺愛〉

第4章  差別に挑む子どもたち
13 フィリピン お父さんに会いたい ジャパニーズ・フィリピーノ・チルドレン〈高橋真樹〉
14 コソボ みんな同じ人間─共存をめざすコソボの子どもたち─〈矢実穂〉
15 チベット 母語を取り戻すチベット難民の子どもたち
16 知らなかった本当のハワイ 先住民の暮らしとマカハ農園 〈小野寺愛〉
【コラム4】子どもの権利条約について〈高橋真樹〉

第5章  未来をつくる子どもたち
17 アメリカ 銃社会と若者たち〈上野玲〉
18 ペルー 子どもたちに笑いを! 砂漠の街の子どもアーティスト〈高橋真樹〉
19 南アフリカ 音楽に夢をたくして〈津山直子〉
20 カナダ 地球環境サミットを感動でふるわせた、12歳の少女〈セヴァン・スズキ+小野寺愛〉
【コラム5】伝説のスピーチ〈セヴァン・スズキ〉
AWorldFitforUs(わたしたちにふさわしい世界)〈小野寺愛〉

2011/03/07

4/2 子どもの「デチタ!」を応援する〜モンテッソーリ育児の知恵工夫〜

2年程前に企画して大好評だった深津高子さんのトークイベント。
4月2日に福岡赤村・クリキンディにて開催します!

具体的に役立つ「子育ち」のためのお話しと自然食ランチ♪
ご予約はお早めに〜

: .・*: .。: *: * 。.・*: .・。: *: **: .。:: .・*: .。: *:
クリキンディ・子育ちカフェ 4/2
子どもの「デチタ!」を応援する
?モンテッソーリ育児の知恵工夫?
: .・*: .。: *: * 。.・*:。: *: * .・*: .。:: .・*: .。: *:

子どもがいきいき生きるために大人にできること。
「子どもの発達をじゃませずに、見守る」モンテッソーリ教育。
「子育て」から「子育ち」へ。
その知恵工夫を深津高子さんにお話いただきます♪
ウインドファーム代表の中村隆市さんとの対談もあります。

深津さんからのメッセージ。
「たくさん「デチル!」と「シマッタ!」と「デチタ!」のサイクルを広めま しょう!子どもも大人も、最初から完ぺきで無くても、何かを試行錯誤し なが らやってみる。そして、考え、やり方・方法を変えて、また失敗して。。。その 繰り返しのプロセスにもっと光を当てていけたらいいですね。まさ に赤ちゃ ん、子ども達はそれを自然にやっているのに、大人は待てないのです。当日は映 像資料もお見せしながら、子どもが育つのを待つ知恵工夫もお 話しします。」

◎場所:カフェ・クリキンディ(福岡県田川郡赤村 源じいの森温泉内)
◎日時:2011年4月2日(土曜)
10:30 受付開始
11:00?トーク&対談
14:00 終了予定
◎費用:2000円(特製・自然食ランチ付き♪)
★定員20名:定員になり次第締め切らせていただきます。
お早めにお申し込みください。

★お子さんを連れての参加も歓迎します。
*託児はありません。
お子さんの食事が別途必要な場合はご相談ください。
子どもを連れてくる方へ:託児がないので、いつも子どもが好んで遊ぶ小さな玩具や、繰り返し読む本をお持ちください。初めての場所でも知っている玩具があると安心します。

★問い合わせ&申し込み先:赤村スローカフェ・クリキンディ
Tel:0947-88-2893(ランチタイムを避けてお電話ください)
akamura_slow_vpjct(a)yahoo.co.jp
(a)は@に変えてください。

メール予約の場合、カフェからの返信をもって
予約完了となります。

【深津高子さんプロフィール】
保育環境コンサルタント
国際モンテッソーリ協会理事 http://www.montessori-ami.org/
NPO法人幼い難民を考える会理事 http://www.cyr.or.jp/
エコラージュ工房代表 http://ecollage.info/

Gデザイナーや語学教師、通訳の仕事を経て、80年代、インドシナ難民流出を
きっかけにタイに行き、メコン河沿いに住む。そこで救援活動に関わるうちに、
国際協力や援助の在り方に疑問を持ちはじめ、恒久的な平和を生み出すための方
法論を模索中に「希望の家」に出会う。帰国後、国際モンテッソーリ教師の資格
を取得し、東京・府中市にある無認可のモンテッソーリ園に勤める。現在は、全
国の幼稚園・保育園に出向き、子どもの視点に立った「保育環境アセスメント作
業」に取り組んでいる。
『デチタ、でチた、できた!』(ウインドファーム/2011年刊)の監修も務める。

★モンテッソーリ教育とは
イタリアの科学者・社会運動家マリア・モンテッソーリ(1870年−1952年)が、
生命の発達のプロセスを観察し、それを元に集大成した人間教育法のこと。これ
によってヒトは人らしく発達でき、その結果地球上に「真の平和が訪れる」と彼
女は世界中に訴えた。現在、世界中の就学前や小中高等学校などで実践されている。

【中村隆市さんプロフィール】

1955年福岡生まれ。(株)ウインドファーム 代表。ナマケモノ倶楽部 ・世話
人。六ヶ所あしたの森・共同代表。19歳で水俣病と出会い、環境問題に関心を持
ち始める。70年代から有機農業を実践し、80年代からフェアトレー ド事業に取
り組む。04年ブラジル・マッシャード市から有機農業とフェアトレードを普及し
た功績により名誉市民章を受章。同年「いのちを大切にす る仕事」 を学ぶス
ロービジネススクールを設立。07年、環境問題を伝える豪快な号外3000万部をて
んつくマンと発行。ピースボートの水先案内人でもあり、『考え る絵本 しあわ
せ』(大月書店)?のモデルでもある。
オフィシャルブログ「風の便り」 https://www.windfarm.co.jp/blog/blog_kaze

: .・*: .。: *: * 。.・*: .・*: .。:: .・*: .。: *:: .・*: .。: *: *

2011/01/04

『工藤さんちの幸せを呼ぶお取り寄せ』で紹介されました

どこの、工藤さんかというと、

現役最年長投手
工藤公康選手のお宅。

工藤選手を支えてきた、雅子さんが探し集めたお取り寄せ、
特に、美味しいく、安全なものとして280品が、この本に紹介されています。
その中に弊社のコーヒーも取り上げていただきました。

(more…)

2010/12/16

『一杯のコーヒーからしあわせを考える』東京のイベントに出ます

・・・転送大歓迎・・・
(more…)

2010/12/14

おとりよせ♪

12月1日、◯ヶ月に一度の社内おとりよせの会を行いました。
この会は、

◯スタッフの交流を深め、

◯取引先のお客様のことを知り、

◎おいしいものを食べる

という、崇高な目的を持って、たいへんお気楽に行われています。

今回は、熊本の「天使のパン」さんからおとりよせしました。

天使のパン

おとりよせしたパンたち

アトピーのお子様にパンを食べさせたくて始めたというパンづくりが、
いつの間にかパン屋になっていたそうです。

パン屋を初めて15年、自分のお子さんに作ってあげるように、丁寧に続けられてきたとのこと。
メロンパンをはじめ、あんパンなどとても美味しくいただきました。

そしてパンといえば、やっぱりコーヒー。
コーヒーの入ったサーバテイスティング

今回も他社コーヒーと味比べしながら、銘柄当て選手権が行われました。
社長は、最初ちょっと迷った素振りも見せながらも、さすが正解。

今回も崇高な目的を見事達成した会となりました。

2010/10/29

コーヒー&ケーキタイム♪

すっかり寒くなってきましたが、
まだまだ暑かった9月のこと。。。

スタッフが一同に集まる機会があったので、
「おとりよせ」してみました!

小倉南区にあるケーキ屋さん
「みのりの森」さん
http://www.minorino-mori.com/info.php

弊社のコーヒーを取り扱ってくれているお店です。
しっとりした優しい味のチーズケーキは、
コーヒーにぴったりのお味でした★

ついでに、某社のスペシャルティコーヒーも購入して、
岡山から届いたブドウも準備してはじまりはじまり。

普段、自社のコーヒーしか飲む機会がないので、
たまには他社のコーヒーも勉強になるね。。。
などと話ながら、
自社コーヒーを当てる選手権開催!
あーでもない、こーでもないと言いながらも、
やっぱり最後に決めてくれるのは社長でした!
さすが!!

わいわいとにぎやかに、愉しい会となりました。

tack

Copyright © 2009 株式会社ウインドファーム.  

中村隆市ブログ「風の便り」 コーヒー関連ブログ「豆の便り」 スタッフブログ「土の便り」