2006/04/27

『再処理工場による放射能汚染食品アンケート報告4』

全国の方々から意見が寄せられましたが、再処理工場(青森県六ヶ所村)の試運転が3月31日
に始まり、大気中への放射能放出が4月1日から始まりました。
市民の不安や意見を無視して事態が進行しています。


1、再処理工場が稼動すると海産物や農畜産物などが汚染されることが明らかになっていますが、そうなったときに、あなたは青森、岩手、宮城、北海道の海産物や農畜産物を今まで通りに食べますか? 以下のいずれかに○をつけて下さい。
4月17日現在:アンケートの返答 215名

  • (1)今まで通り食べる 4名
  • (2)食べる量を減らす 4名
  • (3)なるべく食べない 144名
  • (4)その他( 63名 )

*以下は、その他、およびコメントがあるものを記載(4月2日以前は省略)
(4)その他(食べない)
(4)その他(食べたくない
(4)その他(一切食べないようにできるだけ努力する)
(4)その他(絶対に食べません。)
(4)その他(飲食店では分からないから仕方ないけれど、スーパーなど、分かる所では徹底的に避ける)
(4)その他(たべない)
(4)→食べない。もちろん家族にも食べさせない。
(4)その他(意識して食べる、その中で、リスクの方が高いと感じるようになれば食べるのを止める。もう少し、知識を得てから決めるというかんじです。)
(4)その他(怖くて食べたくない。でも、生産者、従事者の方々はどうなるのか不安です。)
(4)その他(自分や子孫を守るために放射能で汚染された食品は全く食べたくない、というのが正直な感想ですが、ではどどこで生産されたものなら食べるのか?地球の大気や水は循環しています。いくらはなれたところでも、確実に汚染は避けられません。微量であっても身体に害を与えることはすでに証明されていることと思います。また、農地というのは農家さんが何代もかけて愛情をこめてつくってきた土や生き物がいます。現場で土地を愛し、その土地の生物を守ってきたともいえる農家さんたちの生活を考えるとその土地のものだからといって購入しないということも、根本的な原因にはなりません。都市生活者は直接の被害を受けないように感じますが、余波はすぐに来ると思います。距離は関係ありません。影響は必ず受けます。)
(4)その他(食べない)
(4)絶対食べません
(4)その他(全く食べない。周りにいる大切な人たちにも食べない方が良いということとその理由を説明する。)
(4)その他(絶対に食べません。)
(4)その他(絶対食べない)
(4)その他(食べたくない。青森産のりんごは放射能だらけだから食べるなと子供達に伝えます。)
(4)その他(絶対に食べません死にますよ!!!!!!!!!!!!)
(4)その他(まったく食べない)
(4)その他(絶対食べたくないです。)
(4)その他(買いません。)
(4)その他(絶対食べない)
(4)その他(食べる訳が無い。というかそれ(工場稼動)が行われる意味が分らない。そこまでして稼動させる理由を具体的にて提示すべき。もしあったとしても反対ですが。)
(4)その他(食べない)
(4)その他(絶対食べない)
(4)その他(自らは進んで食べないようにする!)
(4)その他(食べない)
(3)なるべく食べない(泣く泣くです。命、子を産む性として、食の安全は変えられないものです)
(4)その他(絶対食べない)
(4)その他(出来うる限りの努力をして食べません。実は、そろそろ不買運動の準備に入ろうかと思っていたところです。ご当地の生産者や流通に携わる方々には申し訳ないのですが、放射能汚染があるとわかっているものを、わざわざ食べる必要はないでしょう)
(3)なるべく食べない
(4)その他(特に青森産の食品は可能な限り手を出さないようにする。と同時に回りの人にも、そうするよう注意を促す。)
(4)その他(極力食べたくないので3県1道から来たものは避ける。特にわかめは。)
(4)その他(この地域の産物は購入を避ける )
(4)その他(絶対に食べない。)
(4)その他(絶対食べない!)
(4)その他(汚染地域と分かっている物は全く食べない。)
(1)今までどおり食べる。ー県民として、それ以外の道は最終的にないのだよ、ー残念ながら、、。
(4)その他(今後、放射能の残留の著しいものを調べ、そのものについてはひかえる)
(4)その他(食べない)
(4)その他(絶対、食べたくない。 食べない。)
(3)なるべく食べない(購入時に選別できないことがありそうなのが心配)
(4)その他(極力食べないし、旅行にも行かない。友人や生協・小売店などにも伝えて、食の安全をはかる)
(3)なるべく食べない
(4)その他(青森産のものは食べないと思います。宮城は 出身なので食べるかも。。)
(4)その他(青森産とわかれば絶対に食べない、岩手、宮城、北海道の産物はできるだけ食べない)
(4)その他(絶対食べない)
(4)(絶対に選ばない・食べない)
(3)なるべく食べない…かならず産地確認します。できうる限り避けるでしょう。
(3)なるべく食べない  ←不十分 (4)その他(ずばり、絶対食べない、です)
(4)その他(青森県産は一切食べない)
(3)なるべく食べない
(4)その他(私自身は、もう子供を産む年齢じゃないので、地元の生産者のことを考えると一概にやめたいともいえず、というジレンマ)
(4)その他(まったく食べないようにする)
(4)その他(青森県産は食べない、がその他はなるべく食べない。)

2、その他、青森県知事に対するメッセージなどありましたらお書き下さい。

68)「六ヶ所再処理工場」のアクティブ試験を開始したのは、明らかに住民への加害行為です。放射能は確実に漏洩します。しかも広範囲に。放射能は環境を汚染し、人体を害します。ある研究によれば、癌はもとより、糖尿病、子どもの知能障害、自閉症までをも引き起こすとあります。この結果青森県だけでなく日本全土を衰退に導き、やがて地球の生物の多くを絶滅へと追いやることになるでしょう。青森県としては、原子力利用は国策であり、また補助金を得ることによる利益を考慮したのかも知れませんが、その弊害は将来の県民や日本のそして世界の子孫への悪影響・障害に目をつぶるという行為を行っていることになるのです。小県には能力に限りがあるとはいえ、住民に甚大な影響がある重大な事案であれば調査をするべきであり、もはや研究成果により害悪は明らかであるのだから、六ヶ所再処理工場は停止するべきなのです」。

69)これからは環境を維持、改善してゆかなければならない時代です。今までの原発事故の例を見て
もわかるとおり、それを人が管理しようとする限り、重大なミス、隠蔽などによる、マニュアルからは本来ありえない事態が起こりえます。上辺はクリーンな核エネルギーですが、結果的にはもっとも環境を汚す可能性があります。さらに危険性の増す再処理については、今後の計画からはぜひ除外していただきたいと考えます。

70)つながりのある大好きな生産者でも、いのちを犠牲にする食べ物を自分の家族に食べさせるか、といったら正直迷ってしまいます。三村知事、世界は今、脱原発へと向かっています。六ヶ所から世界に目を向けてください。ヒバクシャである日本が原発を推進するなんて恥ずかしいことをしたくないです。県知事であるあなたが国の中央に向かってNOとつっぱねてください。

71)人間はひとりでは生きていけません。人間は人間だけでは生きていけません。人間は共に生きていく存在です。僕らの心には原子力より強いエネルギーが詰まっています。その力を未来を灯すため、まわりの人の心を暖めるため、共に生きていくために使いましょう。そして共に笑い、共に歌い、共に踊りましょう。

72)北海道在住です。子供がいます。白血病・がん・奇形児などの原因となる行為を、なんとか止めて下さい。上からの圧力に負けないで下さい。無農薬や有機でがんばって、ブランド価値を持った農産物など全てが無駄になります。

73)環境被害の予測に対して、およそ人体への悪影響もあるはずなのに、再処理工場を稼働させる意図が理解できない。むしろ、稼働させずに暮らせるような提案をしていくことが行政の役割にも思える。

74) 僕は九州に住んでいるので、実害は少ないかも知れませんが、そちらの地元の農産物の放射能汚染による風評被害は量り知れないですよ。この施設の稼動によってお金が入ってくる部分ももちろんあるんでしょうが、住民の健康被害や農産物が売れなくなることによる農民の生活苦などは、あなたが死んだ後も負の遺産となって未来の子孫達にのしかかっていきます。民の命を粗末にしたら、やがて地域は、国は、滅んでしまいます。どうか、目先のお金に目を眩ませず、人の命を最優先に考えるところに視点を置いた英断をしていただきたいです。国が進めている方向は明らかに間違っているのだから、「人の道から外れることはできない!」と突っぱねましょうよ。それをできる立場に居るのはあなただけです。あなたが死んだ後、「あの知事は大バカだった」と罵られるよりも、「命をかけて市民を守った素晴らしい知事だった」と賞賛される方が、残される家族・親戚も幸せだと思います。仮に地域の経済が一時的に潤ったとしても、他の面で大きな取り返しのつかないマ
イナスがあるならば、その先はありません。皆、死ぬだけです。そんなことをだれが望んでいるのでしょうか?お金持ちも貧乏人も関係なく、放射能は人を殺します。あなたの子どもや孫も確実に。

75)ひどいです!すぐにやめてください。再利用より安全のほうが大切だと思います。青森はいい温泉もあるし、食べ物も美味しいし、旅行に行くのもいつも楽しみにしていますが、もう行きたくないです。

76)青森県知事のしていることは結果的に地域振興にはなりえないと思います。青森県の農水産業に大きなダメージを与えるだけでなく、私の実家のある北海道にまで被害を与えないで欲しいです。

77)青森県だけでなく日本を汚染する再処理工場を稼動させないで下さい。試験運転も即止めてください。

78)再処理工場の試運転を認めないでください。まさか、知事と言う責任あるお仕事をなさっている方が、再処理工場の放射能による汚染について、ご存知ない訳はないでしょう。海外の再処理工場運転による、膨大な放射能放出による環境汚染の例が、すでにいくつもあると言うのに、汚染されると解っていながら、試運転をされようとしているのは何故なのでしょう。放射能を減らそうという方向に行かれないのは何故なのでしょう。どうか、知事さん自身が先頭に立って、地球の為に、日本の為に、ご自身の為にも、放射能自体を地球上から少しでもなくすように、働きかけてくださる事を心から望みます。

79)今回のこと、とても残念に想います。どういったいきさつで決断されたのか、色々あると思いますが、とにかく残念です。今後、汚染が予想される地域のものは、食べないようにいたします。これから子供を産み、育てる身としては、保身を計るのは当然です。放射能汚染が予想されている地域には、行かないことにいたします。秋の東北に、紅葉を見に行ってみたかったですが…。仕方ないです。要するに、施設を受け入れるとお金が入るのだろう、と想像しています。が、いくらお金が入っても、体がぼろぼろになっては、使えません。私は病気で寝込んでいた時期が何年もあったので、それは身にしみています。お金が入っても、住んでいる人や、時代の子ども達がぼろぼろになっては、結局医療費もたくさんかかり、財政を圧迫しますし、県の活力も殺ぐ結果となり、何もいいことはないと、端からは思います。もっと広い目で見ますと、青森県産の農作物は、広く出回っています。要するに、国全体に対しての責任があるわけです。借金大国日本の、医療費を更に増やす結果となります。まことに勝手な想像を申し上げますと。要するにお金なのではないか、と想像しております。個人的に、多額のお金が入ったとしても。ご家族や、子どもさんや、お孫さんはちっとも喜ばないですし、私だったらすごく嫌です。自分の故郷を汚染したのが、身内だ、しかもお金が入るから、だなんて。しかも、故郷どころか、かなりの広い範囲の、強い汚染です。ますます嫌です。お金が関係ないとしても、やはり身内がそんな決断をして、実行した、というのは、とても重荷に感じます。人生を支配するほどの。色んなお考えもあると思いますし、声高に非難する気はありません。でも、とてつもなく大きな決断をされた、ということは、覚えておいて頂きたいです。

80)もう放射能は撒かれ始めました。アフリカのある種族に「自然は先祖から受け継いだものでなく、まだ見ぬ子孫から借りているものだ」ということわざがあるそうです。大人たちは子供たちを「借りたものはキチンと返しなさい」と叱ります。人類は地球から原子力技術により膨大なエネルギーを借りることができました。でも私たちはそれをクリアーにして貸す知恵を持ち合わせては居りません何処かで誰かが・・STOP・・と云わなければならない筈です。信じることのできる社会と未来の為に1日も早く責任を持った行動(((停止命令)))をお願いします。

81)原発の被害について考えたら未来が暗く思えてしょうがない。人間はすぐに絶滅してしまうでしょうね。

82)日本を汚さないでください。取り返しがつきません。

83)私は独身の女性です。けれども将来は結婚、出産をする可能性があります。だから私は30歳になったときから安全な食べ物を選んで食べるようになりました。将来私が産むかもしれない子どもには、健康な体に産まれてほしいからです。だから放射能で汚染された可能性があるなら、その食品は絶対に口にしません。短絡的な人間の都合で自然が汚染され破壊されるのは、本当に悲しいことです。

84)県の代表として、本当に県益を考えての決断なのでしょうか。それは長期的な意味での権益を考えているのでしょうか。県の代表は、県民と中央(国民)の両方の立場を考えなければならない立場でしょうが、だからといって、中央の立場から青森県がわりを食うようなことには反対しなければならないと思います。それは香川県でも同じです。つまり、本当に駄目な事は、本来国全体として、違う方法を考えるべきなのだと思います。

85)工場の稼動以外に方法はないのでしょうか?

86)グリンピースよりサイバー署名した者です。とうとう開始してしまったのですね。。。近い将来、青森県民の被爆、食料・環境への放射能被害はまぬがれませんよね。欧州の再処理工場周辺地域では、癌や白血病患者の数が数十倍も多いということはすでにご存知かと思いますが、それを知っていながらどうしてGOサインを出したのでしょうか?庶民は理解に苦しみます。もう食料品の青森ブランドは通用しませんね。。。悪いのは青森県民じゃないのに。

87)再処理を、はじめる事で、たくさんのお金が青森県に流れて来るのでしょう?受け入れた六ヶ所村にも・・・・あなた方は、それが目的で、受け入れているのでしょう?貴方達は、何年か後に、たくさんの人々や子供たちが白血病になろうとも、癌になろうとも、責任は取らなくて良いのですから、ただ今の私腹を肥やせばよいのですから・・それが本当に許せない事です。韓国の首相みたいに、きちんと罰せられれば良いのに!!!!!実際、原発の近くには、たくさんの白血病患者がいて、亡くなり続けています。これは、原発近隣の方々の常識でもあります。それが、海から、潮の流れに乗って、私達の住む場所へもやってくるのです。食物連鎖に乗って、連鎖の頂点である人間にどんな影響があるのかご存知ですか?私の子供は、生まれたときから片耳が有りません。化学物質のためだと思います。あなた方は、ご自分の子孫にそういう事が起こっても平気なのですか?今後は日本の魚介類も、もう食べられなくなるのですね。でも、そうしたのは、貴方たちです。この先も極悪人として、歴史に、そして私達の心に深く刻まれる事でしょう。

88)何のためなのか、全く意図が分かりません。地球を汚染してまでするべきことがあるのでしょうか。確かにこれは、電力を消費し、便利さを追求している生活者一人ひとりの問題でもあります。かりにも知事という代表の立場の人間は、包括的な視野で物事を考え、より良き将来を子孫に残していくことを考えるべきなのではないのでしょうか。原子力発電に反対です。再処理工場をストップさせてください。青森だけの問題ではなく、日本や世界の問題です。賢明なご決断をお願いいたします。

89)地球は誰の物ですか?人間の傲慢さにいつになったら気づくのですか?もうそろそろ辞めませんか。いい加減にしましょう。

90)―ゴミをキレイに浄化する手立てを考えませんか?たとえ資源として再利用できなくとも目先の利益が得られなくとも害のない処理方法で後を濁さなくする方法・・・は、きっとあるのではないでしょうか?今の自分がよければいい。ではなく、つづく世代にゴミを残さない様にしたいですね。たとえ日本が海に帰るのだとしても。。。非難するのは簡単です逃げるのも簡単です共に未来を変えませんか?方向性が合致するのであれば個人でできる限りの事は無理のない範囲でしたいのですきっと、みなさん。立ち上がる、立ち向かう勇気は始めの一歩が、大変ですがそこは多少無理してがんばってもらいたいです。・・・やすかった鯨のベーコン食べたいです昔はよかった と 言われない様にがんばりましょう!今を生きる大人が変えましょう!

91)後のフォローを全て考慮したうえで、なされる事なのでしょうか。1%の危険があっても許されないものではないでしょうか。

92)放射能に汚染された海で捕れた魚を食して人はどうなりますか?放射能に汚染された海で働いている人はどうなるんですか??そんなに自然を破壊して汚しても人の幸せは確保できません。もう一度考え直して、これからの自然と(地球)人のあり方を考えてください。特に、青森は自然がいっぱい残っている場所なんだから、その部分をプラスに持っていってください。青森は、ジーちゃんの育った場所で大好きなので、宜しくです。

93)再処理工場が稼動すれば青森県産の水産物、農畜産物は食べませんし、私の身内、友人等にも食べないように勧めます。また青森県への観光旅行等もしないし、またしないように勧めるでしょう。健康のためです。できればそんなことはしたくなくこれからも青森県産の水産物、農畜産物をおいしく頂きたいと思っておりますので、どうか再考していただきたいと思います。

94)三村様、自然そしてそこから恩恵を受けている我々人間の一員としてご決断下さい。結論は一つしかないと思います。お願いです、再処理工場を稼動させないで下さい。

95)重大問題が発生してからでは遅すぎると思います。すぐに汚染の原因となる処理工場の稼動中止を検討していただきたい。

96)他人に言えないような事情でもあるのでしょうか?反対を押し切っての再処理工場の稼動とは信
じられません。この問題をこれから育つ子供達に大人は何と説明するのでしょうか?

97)目先の事だけでなく、将来を冷静に考えてください。心からお願いします。たったひとつの「大丈夫だろ?」や「仕方ないんだよ」から、多くの傷ついた人をつくります。お願いです。誠実で勇気ある決断を期待します。

98)自分たちが、心から自身を持って、提供できる農畜産物を是非とも目指してください。お願いします。

99)明らかに人体に危害を及ぼすと分かっていながら、どうして実行するのか理解できません。ご自分の命は少ないから良いかもしれませんが、これから生きていく子供達の事は何も考えなくて良いのでしょうか??

100)これ以上人間の力で自然を壊さないでほしい

101)青森県だけの問題ではなく、国全体の問題となるでしょう。こんな事を勝手に決めてしまう無知さのある方は即刻、知事を辞めるべきです。こんな簡単な事、小さい子供だってわかります。あんまり学のない私にも。

102)今回の件を知ってとても残念に思います。浜を歩くだけで白血病の率が10倍とは…。放射能汚染の害がわかっているのなら何故やめないのでしょう。今行っていることは自分と自分以外の数多くの生物に返ってきます。

103)命や環境に関わる物事ですから、多くの人の意見をしっかり聞いてください。解決法がわからないことを、後の世代にあとまわしにせず、きれいな環境を次の世代に残すことを考えるのが大人の役目ではないでしょうか。

104)県民のみなさんをはじめ、多くの人々が反対している理由にもっと耳を傾けてみませんか?青森県、日本…地球の未来に、多くの放射能が海や大気に放出されるということがどのような影響を与えるのか見つめなおしてはもらえないでしょうか?以下のURLの写真も見てください。
http://www.jca.apc.org/~hiroko/jadugoda/jadugoda-j.html
どうか、頭ではなくて心で感じてみてください。本当にこのまま続けて良いものかを。本当に大切にすべき事は何なのかを。人々の求めているものは、何なのかを…。お願いします。

105)人間の私利私欲で行う事は結局人間に帰ってきます。ただでさえ汚れた海をこれ以上汚さないでください。汚れた海で生きる汚れた魚を食べるのは結局あなた自身です。何のために稼動させようとしているのか知りませんが、どうせ誰かが裏で儲けてる臭いしかしません。地球が与えてくれた遊び場がどんどんなくなっていくことをどうも思われないのですか?一つの小さな間違いが地球をどんどん壊していっている事にどうして気付いてくれないのですか?

106)地方自治体として他に生きる道を探せば?

107)海外の同様の処理施設周辺で実際に健康被害が起きていることはご存知でしょうか?事実に目をつぶらずに行動して頂きたいです。私は食物連鎖によって放射能が濃縮されるという海産物が特に心配です。

108)石油資源に期待がもてず、エネルギー資源に乏しい日本にとってエネルギー問題は深刻ですが、再処理工場が未来を繋ぐとは到底考えられません。放射能に汚染された食べ物を私は食べたくありませんし、子供にも食べさせたくありません。

109)青森県六ヶ所村にある核燃料の再処理工場の稼動の中止を求めます。核燃料の再処理工場が本当に安全だとでも思っていらっしゃるのでしょうか?もしそうでないなら誰かを犠牲にしてまでどうしてこんなことをしなければならないのでしょうか?素人の私がちょっと考えただけでも核燃料を利用した工場が近所にあるなんて非常に恐ろしいことです。考え直していただける日が来ることを信じております。未来の子供たちのためにも。

110)汚染されるのがわかっていてやるんですか?

111)それが住民が生きていく為に必要なのですか?そこに利益も生まれるかも知れませんが、10年20年先に目先の利益で満足のいく結果になっているのでしょうか?北海道沖の低気圧の影響を千葉の海で、その恩恵を受け安心して遊んでいるサーファーの事を知っていますか?もちろん僕らは遊びですが。でもそれだけ広範囲にわたり海の恩恵を受けて仕事をしている人、家族が沢山いるのです。自然を汚す事が分った上で行おうとしているとは思いませんが最善策を厚く懇願します。

112)自分で穴がふけないような事をやるのは頭が悪いとしか言いようがない。少なからず青森だけ汚染されるんだったらいいけれど。世間を知らない田舎の知事の一言で自分や愛する人の命を失いたくない。と思いました。

113)事実関係をもっと多くのメディアに取り扱ってもらうよう働きかけて下さい。一人でも多くの人が「知る」ことで守れるものがあるはずです。

114)すべての原因がはっきりとしている新たな公害を認めようとするのですか。豊かで素晴らしい自然を、食産物を死守してください。核処理むずかしい問題だとは思うのですが。

115)あなたは満足だろうが、青森や三陸沿岸の子供達が白血病やガンになったら全てあなたの責任です。この愚行で死ぬ事になる多くの人達は、全てあなたが殺したも同然です。金に目が眩んで故郷を売った男として、あなたの名は長く記憶されることでしょう。

116)放射能など「見えない」危険は21世紀型の、新たな危険だと思います。それに本気で取り組んで、本当の意味での安全を私達に返してください。

117)私は、海が大好きです!私にとって、海に接する事は必要不可欠であり、生活の一部です。なのに、そんな大切な海が汚されていくのは、とても人ごとではありませんし、許し難い事実です。おそらく、私の周りにいる多く人間が、同じことを言うとおもいます。みんなの海を汚さないでください!海が汚染されれば、確実に取り返しのつかない問題に発展します。ですから、再処理工場の稼働を認めることをよく考えて見てください。これは私だけではなく、海に関わる人間(地球上の人間)全ての問題です。問題を軽視するのはやめて下さい。

118)環境問題に対してどういうお考えをお持ちなのでしょうか?地球は子孫の為に守らねばならないものです。

119)周りの県まで汚染させ知事として正しい判断なのか??

120)北日本には、とっても豊かな自然と、美味しい海産物や農畜産物があり東京在住のわたしも、安心して買っていました。しかし、このことを知って漠然とした不安な気持ち怖れになりました。なぜ再処理工場の稼動を行うのでしょうか?リサイクルの観点でしょうか?ご存知とは存じますが、人間界ふくめ、さまざまな生態系の営み、今後の世代に残っていくものです。最近、官公庁・自治体・企業も含めて”謝罪”は多く見受けられますが、これは謝罪では済まされないことになると思います。辞めていただきたく、英断を期待しております。

121)再処理工場を止めるよう、原燃や日本政府に働きかけてください。再処理工場からの放射能は一日で原発1基の一年分です。つまり365 基の原発が稼働したのと同じ汚染を環境にまきちらすのです。これが安 全とどうして言いきれるのでしょう。すでにプルトニウムが漏れる事故 がありました。これを取り扱う社員や周辺の住民の健康も心配です。ここまでして、プルトニウムを生産する理由がありません。すでに日本に は40トンのプルトニウム備蓄があるのですから。英断を!

122)自分の県内を日々放射能で汚染して、万が一事故が起きればこの国の機能さえ危うくするような再処理工場をなぜ稼動するのか?まったく理解出来ません。すでに再処理工場が動き出した現在、よほどのことがないと、もう怖いので青森県には行きません。

123)青森県知事は日本国民の生命を危機に追い込んだ責任をとって辞任せよ!再処理工場の稼動をストップせよ!

124)もう少しだけで良いので、勇気を鼓舞して頂きたい。自己保身による権威へのへつらいは、政治家として恥ずべきことだと思います。全ての公害は、手遅れになってからも、延々と言い逃れをします。しばらくしたら、ご当地の小児ガン発生率は、全国のトップ争いとなるでしょう。是非、ご注目ください。

125)お願いです。もう一度、再処理工場について考え直してください。地球や命を破壊するような危険な行為はやめてください。知事の勇気ある行動を信じています。私はあなたの味方です。本当に大切なこと見失わないでください。

126)自立した地方自治を推進されるかと思いきや、中央の道具にされてしまったとはとても残念です。友人知人にも、この件は広く伝え、危険な海産物は摂らないよう推奨するつもりです。青森をはじめ、地元の農家・漁業者の頑張りを無にするような為政、大変哀しく思います。

127)日本には豊富な代替エネルギーがあるじゃないですか!地熱とか風力とか!東電・原燃に屈しないで下さい!

128)グリーンピース経由で青森県知事にメッセージを送ったときも、今後、青森産の魚も野菜も買えなくなってしまいます。と書きました。すでに、青森産の魚には買わないようになっています。近隣の県の魚であっても、海はつながっているわけで、不安です。再処理工場が地元を潤すと言うけれど、食物に対する不安から、青森のりんごが売れなくなるもの時間の問題ではないでしょうか。一刻も早く、再処理工場の稼動計画を白紙にしほしいです。

129)…多分、既に正気をなくし気が狂っていると思うので言うべき事はないが回りにいる関係者・当事者・県民には、現知事を、さっさと辞めさせ正常な理性の働く人間を知事にするになりして、速やかな原発の停止を要請したい。

130)急がないでください。もっと大きな目で見てください。

131)わたし達はただ安全に平穏に暮らしたいだけなのです。この大規模な汚染は、知事ご本人やそのご家族にも危害を与えます。よくよくお考え直しくださればと思います。

132)県知事さんの家庭では、魚介より何倍も濃い汚染だということが分かっているわかめを今後も食べていかれるのですか?県では、魚介について少なくとも2倍の汚染が見込まれる、と発表したと聞きましたが、食べた人体に即反応が出なくとも放射能汚染の怖いところは生んだ子どもにも影響があることです。いまならまだ〔試験〕なのだから、撤回できるはずです。勇気を出してください。

133)何の目的で、再処理工場(青森県六ヶ所村)の稼動を開始するのですか?人間を大事にしない社会は、やがて滅亡することになると思います。人間として何よりも大事にしなければならないことは、誰もが安心して、寝食ができる社会であることを肝に命じて、再処理工場の稼動を中止してください。

134)以前にも書きましたが、知事さんにもお子さんやご家族がいらっしゃると思います。お孫さんもいらっしゃるかもしれません。お孫さんの代、またその次の世代がのの再処理工場の汚染により食べるものがその地域から得られなくなったり、それらを食べることで病気をしたりする苦しみや悲しみを感じ取って頂きたいと思います。同様に、他のこの地域に住む多くの方々の家族にもその影響は大きく
及ぼされることを。権限を持った少数の方の決断は、真に大きな責任を伴います。是非、現在そして未来に生きる生命に危害を及ぼすことなく、豊かな自然環境と生活環境をお守りくださるよう、お願いいたします。

135)4月11日に放射性物質を含む洗浄水が漏れるトラブルがあったそうですね。このような状況でアクティブ試験を続けるのはとても危険なのではないでしょうか。大きな事故が起こる前に試験を中止してください。そして放射能による汚染についてよく調べ、市民の声をよく聞いてください。どうぞ無視しないでください。

136)農漁業生産者の方に罪はありません。けれども、子どもたちへの影響を考えると、再処理工場が本格稼動になったら、他に国内産地のある食品なら、青森近隣の産地を避け、他の国内産地を優先的に選んで購入するかもしれません。放射線の影響は将来のある子どもたちに大きく関わります。そしてそれは青森県在住の子どもさんにも言えることでしょう。再処理工場の稼動に反対いたします。

137)市民の健康を第一に考えてほしいです。海産物や農畜産物などが汚染され、健康を害する食事をするかもしれないと知りつつ、それでも私が上記質問に(2)を選んだ理由としては、やはり今の食生活をなるべくなら、変えたくないためです。食生活はその人それぞれの文化です。人々の文化を尊重するということは、人と付き合う上で最も大切なことだと思います。誰だって、慣れない文化を押し付けられることは不快だと思います。どうかご検討願えないでしょうか。

138)知事さんもこの実態はご存知のはず。ご存知の上で、短視的な決断(あるいはいわゆるひとつの「現実的な選択」)をあえてなさったのではないかと想像しています。後世に「あのときの決断は間違っていた」「あのときの知事は私たちにゴミを残していった」といわれないために、今ならまだ痛手を少なく食い止められるのですから、すぐに試験運転をやめ、六ヶ所村を閉鎖してください。青森県の農産物、本当は食べたいです! 食べられるように、お願いします。

139)原子力をエネルギーとして使おうとしているのは、もう日本だけです。どこの国も、こんな厄介な物からは手を引いています。さっそく事故がありましたが、手抜き工事で作られた再処理工場で、事故がない方が不思議です。今後、もっと大きな事故に繋がるような事態になる事は充分に考えられます。それ以前に、どんな理由があっても放射能汚染をして言い訳がありません。再処理工場がしている事は、核の平和利用なんかじゃなくて、放射能汚染です。一度始めた事を、止める勇気を持って下さい。

140)再処理工場とは名ばかりの核のゴミ捨て場は、きっと美しい青森のみならず、岩手、宮城、北海道の海を、死の海に変えてしまいます。後悔したくないからこそ、今をしっかり考えてください。

141)全世界が核を廃止してるのに、何故まだアホな事をしようとするのか?!取り返しのつかない事をするな!自分達の時代じゃなく、これからの子供達の事を考えなさい!自分達の目先の事じゃなく、地球の事を考えなさい!

142)私は本当に不思議で理解ができないのです。青森県知事さまは、実際青森にすんでいらっしゃるのだし、おそらく愛する家族・知人も大勢いらっしゃることでしょう。なのに、自分やその人たちの健康や安全を脅かすような事を許可するのでしょうか。目先の利害関係や外部からの圧力があろうと、長い目で自分の家族・青森の将来について考えれば、どのような決断を下すべきなのか明白なのではないでしょうか。

143)県民に働きかけて、原発、再処理工場以外で県の活性化を図る方法をみんなで考えて下さい。県民の知恵を持ち寄り、そして国民や世界の人々の知恵も持ち寄る場を作り、県の50年後、100年後の未来像を考えて下さい。自然豊かな青森を、これ以上汚さない道をみんなの知恵を持ち寄り考えて下さい。 そしてそれを実行することにより、あなたの代のみならず、子供さん、孫さん、曾孫さん
の代まで胸の張ることができる県政をお願いします。

144)全知全能を尽くして内外の専門家・識者、青森県民、青森県議会の意見をよく聞くこと。ー今までのように誠意を持って。政府の強引な圧力や、狡猾な取引に安易に妥協せず、最後まで県民の意思を反映したうえで判断し決断してほしい。

145)危険を承知で、アクティブ試験をなぜ、許可したのですか?もう深刻な事故が起こってしまったではありませんか?安心して、食べ物が食べれないとは、残念です。

146)時代の移り行く中、過去の遺物のために議論が集中しており、大変な激務のこととお察し申し上げます。自動車の登場したとき、ウマのない馬車が走るなんてと信じてもらえなかったそうです。いま、原子力不要で暮らすことを望む人が多くいます。前世紀からの脱皮に、御協力を賜りたい次第です。

147)全国の人があなたの決断に注目をしています。いや、全世界の人が注目しているといってもいいと思います。GOサインを出しても、誰の利にもなりません。ことは日本だけの問題ではありません。
十年後、二十年後に、世界の誰に対しても誇れるような決断をしてください。あなたのお子さんやお孫さんに胸をはれる決断を。

148)いま、具体的に日本人の体が「壊れて」きていることから食の大事さが見直され始めています。伝統的な和食の良さが再評価され、また、地産地消の観点からも、日本国内における食料生産の重要性が再認識されてきています。これまでの食料自給率の低下には、見かけがよく、価格が安いもの求めてきた消費者や、日本人の食の好みを欧米風に変えるようコントロール(学校給食など)してきた米国の戦略に責任があることはもちろんで、豊かな自然にめぐまれた農漁業地域ほど、これまでの工業中心の経済発展のツケを押しつけられてきたのだろうと(ちゃんと勉強はしていないのですが)考えています。でも、いま、青森県が目先の経済振興で再処理工場を稼働させてしまったら、人間に一番 大事な「食」の源が汚染され、永久に奪われてしまうことになります。せっかく、日本の農業再生に人々の目が向き始めている矢先に、放射能汚染がもたらす経済的な打撃は計り知れないものになるでしょう(もちろん金銭では測りきれない被害も甚大なものになります)。私は六ヶ所村に「ヒロシマ」「ナガサキ」 みたいに「ロッカショ」として世界に知られる場所になってほしくありません。どうか再考をお願いいたします。

149)工場が出来上がるまでにも、アクティブ試験を行うにも今まで数え切れない反対の意見があったと思います。稼動についても同じです。どうか、稼動しないで欲しいです。これ以上自然を汚染しないで欲しい。知事の権力は、稼動を許可するようなことに使わず、稼動を取りやめにすることに、使っていただきたいです。

150)環境や人々に与える影響を長期的に考え、賢明な判断をしてほしいです。

151)まじめに農業、漁業で生計をたてている県民の健康問題・経済問題や、近隣に居住する県民の健康問題についてきちんと考えるべきだ。

152)六ヶ所村が稼働されたら、絶対に青森県産農・海産物は食べません。消費者として不安だらけです。地元の農・海産物よりも放射能施設からの補助金が大切だなんて県の姿勢としてどうなんでしょうか?

153)環境を汚染させることは簡単です。世界規模でも個人レベルでも環境問題に取り組んでいますが、御覧のように、それを元に戻すにはその何倍もの努力や時間がかかります。みんなが安全で豊かな地球に戻そうと、知恵を出し合ったり、忙しい時間を削ったりしています。すぐに何とかなるものではありません。そんな中で、あなたたちは日本と地球の未来にに負を負わそうとしています。あなたの守りたいものは何ですか?

154)核燃料「再処理」直ちに中止せよ食品の販売店を経営していますが、目先の欲だけにとらわれている人のために、私たちが犠牲になるのはいや!です又そういう商品は置きたくない。

155)過疎化、雇用問題、地域活性化など、様々な問題を抱えているとは思いますが、最も重要な食に関わる地域住民が二次被害的に被る影響については問題視されないのでしょうか?食品の消費傾向が安全をベースに考えられてきている事を見失うと、県民全体の支持を失う事になりますよ。

156)一部の人以外、日本国民の為にならない危険なだけの核燃料施設に反対する英断をどうかお願いします。目先の利益ではなく、10年先、100年先のことを考えてくださいますよう。

157)目先のかつ地元の狭小な利益だけではなく、長期的なかつ広域的な視野に立った賢明な判断を政治指導者としては行って戴きたい。

158)青森県はじめ周辺の食品などの生産物を買えなくなります。豊かな自然の恵みのある土地なのに本当に残念です。農林水産業・観光業など、地域は経済的に打撃となるでしょうが、それが知事の方針ですか。そればかりか住民の健康被害が必ず起こるであろうことを何より心配します。そしてそれは、周辺住民のみならず、広範囲に広がっていくでしょう。知事はその重大な責任者です。知事自身が被爆するだけで償えるものではありません。さっそく原燃はアクティブ試験で事故を引き起こしましたが、知事はその詳細をリアルにご存知ですか? 原燃の説明だけでなく、別の公平な機関の調査報告を受けていますか? それを十分に理解検証していますか? 本当に分かっているなら知事自身から第三者が納得するようにわかりやすく説明できるはずですが、その自信がおありですか? それができないならすぐにアクティブ試験中止を要請すべきです。それが賢明です。

159)汚染されるのがわかりきっているのに、再処理工場を稼動させるのは青森の水産農家の危機を意味します。消費者は、間違い無く買わなくなるのです。悲しいですが、、それが現実です!!命にかかわる問題なのです!!!

160)企業の利益よりも市民の命を優先して下さい!!

161)東北地方は都会から離れ、空気も水もきれいで、農産物や海産物がおいしいイメージだったが、イメージに惑わされず、これからは注意深く動向をチェックしたいです。

162)青森県、及び周辺諸県諸国の将来を真摯に考えてください。

163)世界的にも縮小傾向にある未来のない原子力をとるのか!?無限の恵みを未来にも与え続けてくれる大自然を活かすべきなのか!?目先のお金や権力に屈せず、自分達の子供の未来も考えてください。

164)りんごと一緒に いいことしましょう

165)放射能汚染がまわりに広がる事を知っていながら、再処理工場の稼働を するということは、いかがなものでしょう。あなたが守るべき青森県民の命があなたの手によって危険にさらされるということは、考えたことがないのでしょうか。青森県民はあなたを再選するほどお人好しでしょ うか?県が再処理を再会して、どんな利得を県は受けるのでしょうか。

166)是非安易な決断をしないで欲しい。長い目で見て、自分への影響だけじゃなく自分たち子ども、またその子どもの世代まで考えて行動して欲しい。どうかどうかお願いします。少しでも子どもを生んで良かったと思える未来であってほしい。

167)個人的にもメッセージをお送りしましたが、どうか、勇気ある決断をお願いします。放射能の影響が生物、人体、それによる青森県の損害、いろんなところに及んでから、正そうとしても、かなりの費用と時間がかかります。そういった責任を一生背負っていくのではなく、まずは、対話をしてください。お願いします。私は運転をやめていただけないのであれば、青森産の食物はいっさい購入いたしません。周りの友人知人にも知らせるつもりです。両親に放射能入りの食べ物は食べさせられません。

168)国が再処理は安全と言っているのは精神論でしかありません。万が一事故が起こればその被害は計り知れないものがあります。放射能が漏れてから止めてからでは遅いのです。また、通常の運転でも放射能が漏れると言われています。再処理工場の運転が始まったら私は自分が青森や周辺の産物を食べないだけでなく、周りの人たちにも食べない事を勧めます。絶対に稼動を許可しないで下さい。

169)つい4月11日に漏えい事故がありました。環境に影響はないとされていましたが、本当にそうでしょうか。そして、アクティブ試験がなぜ3月31日に開始されたか、との理由で、年度内1日でも稼動した場合2005年度分として、2800億円も原燃が受け取るという報道もありました。一体、誰のための、何のための工場なんでしょうか?私には、知事を含め原燃の役員その他ほんの一部の人間の利益のためとしか考えられません。そして原燃のずさんな安全管理。なんとか、もう、やめてください。自分たちが生きている間だけよければいい、という考えは、やめてください。今すぐ、アクティブ試験をやめ、工場を停止させてください。青森の、日本の、世界の、地球の環境を破壊し続けるのは、やめてください。どうかお願いします。

170)原発ビジネスは県政にとって大切なのでしょうがそれよりも大切なことを見落としてはなりません。放射能の被害をみれば明らかです。放射能汚染された食物を食べることが、どれほど危険なことかわかっているのでしょう。そして、己は食べないのでしょう?事実を隠蔽し、過去の被害に背を向け、やり抜こうとしているのでしょうが事故や被害が起きたときの対処も碌にできないくせに目先の、自分の利益にしがみつくのはやめなさい。権力を持った者がすべき仕事について、真剣に考え直す必要があります。

171)なぜこんな愚かな選択をするのですか?カネのためですか?汚染された食べ物では生きられません。そのためにまじめな生産者は被害を受けるのです。でも気の毒ですが、それでも汚染された食べ物の購入はできません。一日も早く再処理工場をとめてください。

172)三村さん、国民をだますのもいいかげんにしてください。市民が安心して暮らせなくなるだけでなく、平和への道が閉ざされ、人類は滅びます。

173)被害が広範囲に拡がること、時間が経つほど汚染が蓄積されることを考えると、再処理工場は広島と長崎の原爆より恐ろしい爆弾です。お願いですから、爆弾のスイッチを入れないで下さい。今ならまだ間に合います。本稼動は止めて下さい。

174)使用済み核燃料がどんどん溜るので何とかしないといけないーーいろいろ考えたけれど再処理が一番経済的と結論が出た、と聞きます。原子力安全委員会が考えたことは素直には信用できません。「原子力危険委員会」の結論なら信用できるかもしれません。原子力について危険だからやめるべきだと思っている人の計画案と、安全だと思っている人の計画案では、同じ追い詰められた苦肉の策でも、全く違う方向性をもつに決まっています。よく 飛行機だって安全ではないとか言いますが、落ちれば死ぬだけ。放射性物質の危険性は未知だから比較にはなりません。人類絶滅につながる可能性もあるのです。原発が発明された時 永遠のエネルギー源として皆大喜びしたと言います。けれどこんな厄介な廃棄物が出るとは夢にも思わなかったのでした。厄介な物が出ると気が付いたらすぐ引き返す勇気が必要でした。誰のせい?為政者の責任でしょう?少々脱線しますが、この場合「自己責任」って誰の責任でしょうね?イラクで人質になった人に対しては自己責任とか言って見捨てる一方で自分達のミスには責任を取らない、これが政治家の常道です。この悪しき伝統を断ち、高い見識と責任感をもって勇敢に抵抗勢力に立ち向かって下さい。どうすれば解決できるのか素人には解りません。が、素人にも解る危険な海にはしないで下さい。魚も被害者です。是非とも全国に先駆けて青森県・原子力危険委員会を作って下さい。

175)避けようとしても、私たちの口には入ってくるでしょう。そして青森、岩手、宮城、北海道の海産物や農畜産物に携わる方達はつらい思いをされるでしょう。被爆した方々が身を以て苦しさを示しているのに、もうこれ以上私たちを苦しめないでください!子供が夢を持てる世の中にしてください!心から切望致します。

176)一時的なご自身の力関係やお金の動きに注視し、すばらしい青森県の価値や人類の将来、もちろん経済発展を無視するあらゆる核の保持を、日本国民として見逃す訳に行きません。ご自身にお孫さんはいらっしゃらないのでしょうか?次世代に素敵な美しい環境を残してください。なぜ、知事になられたのでしょうか。

177)再処理工場の稼動はやめてください。

178)3月31日に始まったアクティブ試験。2週間も立たないうちにもう洗浄水もれ。この調子でいくと、どんな事故が起きてくるのやら。事故がなくてもこれまでにない量の放射能を放出していくのだからおいしい青森の農産物や海産物が食べられなくなります。都会のマーケットにはいろいろな土地の産物が並んでいるので、関西や九州、四国のものを選ぶようになるでしょう。リンゴだって、信州を選びますね。青森や岩手、北海道の方がおいしいと分かっていても、どうしてもそうなってしまうでしょう。それに、旅行先としても避けるようになるのではないかと思います。

179)青森県知事の良心を信じます。

180)絶対絶対やめてほしい!!県民は、やさしく「安全ならいい…」と言ってますが、ほんとうはどうなんですか?ここで嘘 ついたって測定すればすぐわかるし、取り返しのつかない事になりますよ。県民のおだやかなやさしい気持ちを裏切らないで。私も青森県産のものは食べなくなってしまう。もちろんそれだけですむわけはないと思う。地球の終わりを早めるだけだ。

181)今でさえ、日本の環境は危険な状況です。車の普及による空気汚染、効率主義の対価としての肥料・農薬野菜、添加物、便利な社会を持続していくために多大なエネルギーを使い、それが、多様な環境問題に波及しています。本当に、私達のまわりにはアレルギーをもった子供、大人が増えたと思います。そしてこれからも、原因不明の難治性の病気が増えていくのでしょう。これ以上日本を、地球を、訳のわからない、毎日暗い顔をしてしまうような住みにくい場所にしてしまっていいのでしょうか?あるインディアンの部族は、彼らが政策を考える際、常に「7世代後の子孫」のことを考えて決定していくといいます。私達の7世代後の日本の子供達のことを考えましょう。そして、知事さん、あなたはいずれ必ず死にます。そんなあなたがこの世に残していけるもの、それはあなたの所持するお金やモノ、出所不明な誇りなどではありません。あなたが死んでからあなたに関して私達が覚えていることは、あなたがした「仕事」のみなのです。善いことを為すか、心無いことを成すか、長期的な視点で考えてください。

182)私たちが生かされていることのひとつは、食べることです。そして食べたものが自分の体を作っているのです。汚染されたものが体に蓄積されたらどうなるのでしょうか?目に見えないもの(放射線)の影響ってどうなるのでしょうか?安全が疑われているものをこのまま続けていっていいのでしょうか?何が一番大切なことなのでしょうか?生命がずっと続けられる地域であってほしいです。

183)青森県は、豊かな自然環境や水資源、食料、多様なエネルギーなど、生活の基盤に恵まれています。そして、何よりも多くの優れた人財がいます。私は、これらの財産を生かして、暮らしやすさのトップランナーをめざしたいと考えています。→知事さんの言葉ですが、豊かな自然環境や水資源、食料が失われてしまいます。生活の基盤はあくまでも自然から得られているものばかりです。誰も責任が取れないものを絶対に作るべきではありません。壊すことは簡単です。自然からのかけがいのないものを子孫へ残していくこと・・・まさに「継続は力なり」です。 勇気ある決断を切に願っています。

184)本当に大切なものが何か、もっと真剣に考えてください。すべての生命、かけがえのない地球を守るために、何をすべきなのか、県知事として、一人の人間として、正しい判断をしてください。

185)一時的な大金が入ることだけに注目して、農業立地大国の青森県をつぶすつもりですか?

186)知事殿、あなたにも家族がいると思います。再処理工場の稼動は、あなたの家族・子孫の未来を悲惨なものにしてしまうとは思いませんか?あなたを含め、彼ら・私たちの未来と引き換えにしてまで守らなければならないものは、一体何なのでしょう?今一度、国に対する青森県としての決議を検討し直すべきではないでしょうか?

187)チェルノブイリ事故やイギリス・フランスの再処理工場から学ぶことは大きいと思います。青森には農産物や観光,自然エネルギーなどでの経済発展の可能性があると思います。核をコントロールしようとし,経済的な効率も悪い,こんな愚かな選択を考え直してください。私の住む東京都にも青森県産の野菜や果物などが多く出回っています。しかし,今後たくさんの放射能が放出され,大地に蓄積することを知ったあと,私を含む多くの人・主婦たちは「青森県産」を手にしないでしょう。目先の利益を考えるのではなく,未来に生じる莫大な損失を考えてください。これは青森だけの問題ではありません。日本(地震国・被爆国)にとっても,世界にとっても重大な問題です。「罪人・青森」にならないよう,どうか一刻も早い決断を願います。

188)日本中を汚染する再処理工場のアクティブ試験を即時中止せよ!

189)チェルノブイリでも、事故後に生まれた子供の子供が大勢、病気になっているとのこと、微量の放射能でも、今の人類の知能では計り知れない影響を及ぼすみたいじゃありませんか。過小評価しないでください。青森は 美しいふるさとであり続けてほしい。

190)安全が確立されていない再処理工場の稼働は、目先のお金と引き換えに、生き物にと?てなくて
はならない大切なものを奪い取ってしまう大きなリスクをはらんでいます。大きな判断をしなくてはいけないときに、正しい判断ができるのは、利害関係の一切ない一般の人たちだということをわかっていただきたい。一部の利害関係者のために、一般の人たちを巻き込まないでいただきたい。なぜ、青森なのか?東京につくればいいのに。地方は都会の犠牲にならなくてはいけないのか?

191)私たちの食、そして大切な環境を破壊するような行為はやめてください。私たちにやさしくしてくれている環境に対して、私たちはもっとやさしく、大切にすべきです。

192)人体への影響などを考え再検討をお願いしたいです。

193)自然を汚染していくこと=自分たちを汚染することこの簡単な図式を分かりながら、なぜ、その他の道を見つけようとしないのでしょうか。この”どうせこの道しかない”という諦めと虚無感の領域から何かを行う生き方を、大人たちはもうやめるべきだと思います。もしも、真剣に生きること、子供たちのことを考えるならば。

194)国や電力会社からの端金で青森県民及び日本人を放射能汚染にさらした罪、か?貴方の生命を絶つ意外にその責任は取れないと思います。そうならない様、「再処理工場」稼動を止め、再生可能自然エネルギーに切り替えるべきです。後世から最悪、最低の知事と後ろ指を指されなに・・・・・・・。

195)青森県民、現地の住民に健康被害をもたらすのみならず、広範囲な地域を汚染する再処理工場の稼働は絶対に行うべきではありません。

196)絶対 食べない


天然酵母パン屋さんからのメッセージ

リトルトリーのお客様向け通信で原発について書きました。このアンケートを兼ねた通信を、素材を定期的に運んでくださる業者さんにも渡して、これを理由に今使っている粉を変更したいとご協力いただき、代替品を探しています。(本当はホントの意味で安全な代替品なんて、ないと思ったりもしています)営業にきた別の粉屋さんにも渡しています。

この問題について知っていた方は一人もいなかったのですが、「最初にいただいたものは社長にあげちゃったので、もっといろんな人にも知らせたいし、何枚かもらっていいですか?」と配達に来てくれる方が持っていってくれました。普段、仕事上の付き合いしかしていなくても、こう言ってくれる。「自分でももっとちゃんと調べてみますね」と言ってくれる営業さんもいる。仕事のつきあいからも、できることがいっぱいあるんだなと思いました。お客さんの反応もぼちぼち返ってきているので、それはまたこの次にします。ではでは。

さてご存知の方も多いと思いますが、核の再処理工場(青森県六ヶ所村)が4月1日に稼動し始めたという問題に頭を抱えています。原発一基が一年かけて出す放射能をたった一日で放出し続けるのですから、いくら国や日本原燃が安全だと言っても生物濃縮を考えると農・海産物に与える影響は深刻だとリトルトリーは考えています。そこで原材料の大部分を北海道・東北地方に依存している関係上、お客様に簡単なアンケートを実施させていただき、その結果から今後の対応を決めていきたいと思っています。

実はこのアンケート、リトルトリーが有機栽培コーヒーを仕入れている?ウィンドファームの代表・中村隆市さんが作成したものを転用しました。リトルトリーで集計した結果もウィンドファームさんへ送ります。以下2つのサイトを通じて一般に公開され、青森県に直接伝えられますので、ぜひご覧になってみて下さい。

スロービジネス・スクールのウェブサイト
ウインドファームのウェブサイト

・・・以下に続く<再処理工場の放射能による海産物、農産物汚染に関するアンケートのお願い>は同じですが、最後にリトルトリー独自の項目とクリプトン85についてのきくちゆみさんの情報を付け加えました。

<リトルトリー独自のアンケート項目>
現在、北海道産小麦2種、東北産小麦1種、東北産小麦由来グルテン、北海道産バター、青森県産りんごジュースが対象となっています。これについて、どう思われますか?(複数回答可)

(1)使わないで欲しいが、使っていても今までどおりリトルトリーのパンを買う
(2)使わないで欲しいので、変更がないならリトルトリーのパンは買わない・減らす
(3)味や食感が変わっても、原材料を他地域産に変更してほしい
(4)特に気にしない
(5)その他
ご意見がありましたら、ぜひお願いいたします。

<クリプトン85の危険性についての説明>
「安全」ということで除去されず全量放出されている(その量は一年間にチェルノブイリ事故の10倍!)クリプトン85は、ピッツバーグ医科大学放射線科の放射線物理学名誉教授であるアーネスト・スターングラス博士によると「クリプトン85が安全なんてとんでもない、免疫を落とし、癌や白血病だけではない、あらゆる病気を引き起こす」とのこと。小さい子ども、赤ちゃん、胎児ほど、影響を受けてしまいます。

Comments are closed.

Copyright © 2009 株式会社ウインドファーム.  

中村隆市ブログ「風の便り」 コーヒー関連ブログ「豆の便り」 スタッフブログ「土の便り」 /abbr/li