2011/05/13

1号機圧力容器 底に穴 核燃料の大半溶融 冷却水大量漏出

大変重大なニュースですが、この事態に対するマスコミ報道の少なさ、扱いの軽さを危惧しています。

福島第1原発、1号機で燃料溶融か 3号機付近では汚染水流出

【5月12日 AFP】東京電力(TEPCO)は12日、福島第1原子力発電所1号機で作業員が圧力容器内の水位計を修理した結果、冷却のため圧力容器に注入した水が漏れていることが分かったと発表した。

 水位は長さ4メートルの燃料棒の底部より下にあり、燃料全体が空気中に露出している可能性があるという。しかし、圧力容器表面の温度は100~120度前後と比較的低いことから東京電力は、燃料が溶けるか位置がずれるかして容器の底に落ち、たまっている水に漬かって冷却されているのではないか、とみている。

 国際環境保護団体グリーンピース(Greenpeace)は、これまでに発表された水位のデータのうち少なくともいくつかは全く間違っていたことになり、福島原発の状況が報じられているよりはるかに深刻なのは明らかだと指摘している。

■3号機付近からは汚染水流出

 東京電力はさらに、3号機の取水口近くのピットから放射性物質を含む水が海に流出し、近くで採取した海水から法定限度の1万8000倍のセシウム134が検出されたと発表した。ピットをコンクリートで埋めたところ、汚染水の流出は止まったという。

 枝野幸男(Yukio Edano)官房長官は12日午前の記者会見で、汚染水の流出は「大変遺憾だ」と述べ、近隣の住民や漁業関係者、近隣諸国に陳謝した。

 グリーンピースが福島第1原発から65キロ離れた場所で採取した22の海草のサンプルを調べたところ、10のサンプルから1キログラムあたり1万ベクレルを超える高い放射線を検出したという。グリーンピースは日本政府に福島県沖の海草について徹底的な放射線調査を行うよう求めている。

■神奈川県の茶葉から放射線、県が出荷自粛要請

 一方、神奈川県南足柄市で栽培された茶葉から、暫定規制値の1キログラムあたり500ベクレルを超える同570ベクレルの放射線が検出され、同県は出荷の自粛を要請した。神奈川県の担当者は、汚染源の特定には至っていないが福島原発以外の原因は想像できないと話している。


福島原発1号機、燃料完全露出し溶融
2011.5.13 05:04 サンスポ

 東京電力は12日、福島第1原発1号機で、原子炉圧力容器内の冷却水の水位が想定よりも低く、長さ約4メートルの燃料が完全に露出して、大半が溶け落ちたとみられると発表した。東電はこれまで、炉心の損傷割合は55%と推定していた。

 また、落ちた燃料の熱で圧力容器の底にある配管の溶接部が溶けて複数カ所で小さな穴があき、合計すると直径数センチに相当すると明らかにした。

 圧力容器やその外側の格納容器からも水が大量に漏れ出しているとみられ、東電は格納容器に水を満たして冷却する「冠水」作業の見直しに着手、事故収束に向けた工程表にも影響は必至だ。

 圧力容器内の水位は通常時の燃料上端から約1・5~1・7メートル下とみられていたが、水位計を調整して測った結果、5メートル以下と分かった。ただ圧力容器の表面温度は、上部から下部まで100~120度と比較的低く、東電は「燃料は(水に漬かって)冷却できている」と強調している。


福島第1原発:1号機燃料棒の大半 圧力容器の底に

 東京電力福島第1原発1号機で原子炉圧力容器内の水位が燃料棒(長さ約4メートル)の上部より少なくとも5メートル低かった問題で、東電と経済産業省原子力安全・保安院は12日、燃料棒の大半が溶融して原子炉圧力容器の底にたまっているとの見解を示した。圧力容器の温度は120度以下に保たれており、炉心は引き続き冷却されているとみられる。また、溶けた燃料が圧力容器の底を傷つけ、水や燃料が外側の格納容器に漏れた可能性がある。事故収束に向けた工程表の日程にも影響しそうだ。

 1号機では、燃料棒の55%が損傷していると推定されているが、燃料棒が完全な形で残っていれば全露出していることになる。

 また、圧力容器には冷却のための注水が続いているが、水位が上がっていない。このため水漏れが起きているのは確実で、その原因について、東電は「圧力容器の底にある管との溶接部などが、溶けた燃料の熱で穴があいた可能性がある」としている。

 直径6.5センチのホースで注水を続けているにもかかわらず、水位が上がっていないことなどから、東電は、穴は複数あり、大きさの合計は数センチと推定している。

 一方、圧力容器の温度は安定していることから、溶けてたまった燃料は、底にある水で冷やされているとみられる。保安院の西山英彦審議官は「圧力容器内の水位が正しいとすれば、燃料の一定部分は溶けて下にたまっている可能性が高い」との見解を示した。枝野幸男官房長官は同日の会見で、「原子炉の状態について再度調査する必要がある」と述べた。【足立旬子、河内敏康】

毎日新聞 2011年5月12日 22時04分(最終更新 5月12日 23時45分)

Comments are closed.

Copyright © 2009 株式会社ウインドファーム.  

中村隆市ブログ「風の便り」 コーヒー関連ブログ「豆の便り」 スタッフブログ「土の便り」 /abbr/li