WHOが日本全国の被ばく線量推計、福島で最大50ミリシーベルト

以下の記事は、NHKも朝日新聞もWHO(世界保健機関)の発表をそのまま報道しています。「がんのリスクが高まるとされる100ミリシーベルト以上の被ばく」という見解は、国際的に通用するものではありません。これらの記事には重要 […]

続きを読む

福島大学の教員有志、内部被ばくを考えるシンポジウム開催

シンポジウム:福島大の教員有志、内部被ばくを考える /福島 (毎日新聞 2012年05月24日 地方版)  福島大の教員有志で作る「放射線副読本研究会」は23日、福島市の同大で、内部被ばくについて考えるシンポジウムを開い […]

続きを読む

真実はどこに?―WHOとIAEA 放射能汚染を巡って

多くの人に見てほしい動画 『真実はどこに?- WHOとIAEA 放射能汚染を巡って』 (原題:Controverses nucleaires) WHO世界保健機関とIAEA国際原子力機関が共同で開催した、2001年キエフ […]

続きを読む

ガレキ焼却は、被災地でも 広域でも 止めましょう

宮城県仙台市の方から以下のメールが届きました。 ————————  放射性物質に限らず化学物質やアスベストなども大量に含んだ […]

続きを読む

ガレキ焼却は、被災地でも広域でもやめるべきです。

宮城県仙台市の方から以下のメールが届きました。 とても重要な内容なので、ご本人の了承を得て転載します。 ————————   […]

続きを読む

多くの人に見てほしい 【がれき問題の重要な動画】

がれき問題の重要な動画です。ぜひ多くの人に見てほしい動画です。 青山貞一環境総合研究所顧問「北九州市が検討会に出している資料を見ると岩手からのガレキが28ベクレル/kgと書いてあります。28ベクレルなんていうのは、非科学 […]

続きを読む

宮城県、がれき広域処理が必要な量 3分の1に修正

宮城 がれき推計量を大幅減に (5月21日 4時57分 NHK) 震災で発生したがれきの推計量について、宮城県ではこれまでよりも大幅に少なくなることが分かり、がれきの「広域処理」が必要な量を当初の3分の1のおよそ110万 […]

続きを読む

【放射能に汚染された森を必死に消火する国】と【ガレキを焼却する国】

福島原発事故の前年2010年に起きたロシアの森林火災で、ロシアの非常事態省は、チェルノブイリ原発事故で汚染された森林の「放射性物質の拡散防止」のため消火に全力を挙げた。今、日本の環境省は、全国に「放射性物質の拡散」を進め […]

続きを読む

原発再稼働なくても、太陽光発電で原発10基分増やせる

「原発を再稼働させる必要はない」トーマス・コーベリエル(自然エネルギー財団理事長) (2012年05月17日 WEBRONZA) 太陽光発電3ヶ月導入で原発10基分相当 原発を再稼働させる必要はありません。日本は原発なし […]

続きを読む

『ガレキ阻止!北九州1万人アクション』みんなで止めよう北九州!

明日21日、私も友人たちと参加する予定です。 【超緊急全国拡散】『瓦礫阻止!北九州1万人アクション』みんなで止めよう北九州! 瓦礫トラックは19日に宮城県を出発。 今まさに、放射性物質を載せたトラックが本州の高速道路を走 […]

続きを読む
中村隆市ブログ「風の便り」 コーヒー関連ブログ「豆の便り」 スタッフブログ「土の便り」