第8話.ジャカランダ農場主として

サンパウロで会社の経営に携わっているときも、カルロスは仕事の合間や週末を使って、父イザウチーノの農場経営を手伝っていた。1963年に父イザウチーノのを亡くしてからは、14人の兄弟に相続された農場のうち、コーヒー栽培の経験を持たない5人の兄弟の農場管理を請け負うことになった。

ジャカランダ農場の入り口

ジャカランダ農場の入り口

1972年、カルロスはCFフランコ建設会社を売却して得た資金により、それまで管理を請け負ったいた農場を購入。農場には、自分の好きなジャカランダという樹の名前を付けた。その後、カルロスは農場面積を拡大させ、1980年にジャカランダ農場の総面積は213ヘクタールにまで広がった。

こうして、カルロスの曾祖父ジョン・マノエル・フランコが1856年に最初の1本のコーヒー樹を植えてから1世紀が過ぎ、新たな農場主カルロス・フェルナンデス・フランコが誕生したのである。

[前話を読む目次次話を読む]

中村隆市ブログ「風の便り」 コーヒー関連ブログ「豆の便り」 スタッフブログ「土の便り」