第31話.ジャカランダコーヒーの生豆、60キロの重さ

コーヒー豆の収穫は、毎年5月から始まり、9月頃まで続く。収穫されたコーヒーの実は、天日乾燥の後、脱皮機で外皮を削りとられる。残ったコーヒー豆は品質に応じて選別されてCF FRANCOと表記された60キロ入りの麻袋に詰められ、組合倉庫に搬入される。日本に出荷されるのはその後だ。

コーヒー豆を運ぶアントニーノ

コーヒー豆を運ぶアントニーノ

1997年の8月26日、その年に収穫された最初の60俵のコーヒー豆がジャカランダ農場から出荷された。

コーヒーを運ぶ方法は、人によって異なる。身体の線が細いネルソンは、背負うようにして担ぐ。

対照的に、首から肩にかけて豊かな筋肉を持つ27歳のアントニーノは、まるで布団でも担ぐかのように軽々とコーヒー豆を運んでいた。アントニーノは、生まれも育ちもジャカランダ農場で、7年前に、となりの農場で働いていたエリゼッチ(30)と結婚。長男のアントニーノジュニア(6)とまだ生後9か月のジュリアの4人家族。育児に手が放せないエリゼッチは、コーヒーの仕事に関われない。だから、アントニーノは、収穫作業をシルビオ(34)と一緒にする。

このシルビオもアントニーノと同様にジャカランダ農場で生まれ育った。コーヒーの他に有機バナナの栽培を担当しているシルビオは、「コーヒーよりもバナナの仕事の方が厳しい」と言う。現場監督ニーノの長女マリアと結婚し、14歳の長男ウエリントンと8歳の次男エリエルシオの4人家族。

[前話を読む目次次話を読む]

中村隆市ブログ「風の便り」 コーヒー関連ブログ「豆の便り」 スタッフブログ「土の便り」