第30話.コーヒー園に響く幼子の声と歌

ジャカランダ農場のコーヒー園の中では、幼い子どもの声や歌が聞こえてくる。危険な農薬を使用するコーヒー園では、子どもの立ち入りを禁止するが、まだ学校に通う年令に達しないジャカランダ農場の子どもは、コーヒー園で父母と一緒に過ごすのである。

コーヒー園で、お母さんと一緒に過ごすパトリシア

コーヒー園で、お母さんと一緒に過ごすパトリシア

母リッタのエプロンの裾を握る4才のラファエーラは、歌を口ずさんでいた。途中、歌詞が分からなくなると作業を続けながらリッタがその続きを歌う。3年前からジャカランダ農場に移り住んだネルソンとリッタの夫婦は、「以前はこうして娘を連れてくることはできませんでした。まだ小さいこの子が側にいるので安心して作業ができます」と語る。

34歳のシーロの家族も同様に、次女パトリシアを作業場に連れてくる。シーロには、他に2人の子ども長女ミッシェリーと長男シジレイがいるが、日中はマッシャード市の学校に通っている。ジャカランダ農場の子どもたちは、カルロスの指示で、必ず学校に通うことを義務づけられ、学校を休んで農場の作業に関わることはない。

[前話を読む目次次話を読む]

中村隆市ブログ「風の便り」 コーヒー関連ブログ「豆の便り」 スタッフブログ「土の便り」