第28話.コーヒー樹を見守り続けて 現場監督 ニーノの仕事

朝7時、農場のスタッフは、天日乾燥場の脇にある事務所に集まる。そこで、その日に行う作業の内容や場所を指示するのは68歳の現場監督、ニーノだ。

現場監督のニーノ

現場監督のニーノ

ジャカランダ農場で生まれたニーノは、8歳のときに父を亡くした。コーヒー栽培の仕事を続ける母に育てられ、ニーノはカルロスの父イザウチーノが経営していたセーハ・ネグラ農場で、コーヒー栽培の仕事を始めた。カルロスは幼いころのニーノを覚えている。

近代農業へと移り変わる時代のなかで、農場主がイザウチーノからカルロスに変わった後も、ニーノはコーヒー樹を見守り続けている。86ヘクタールのコーヒー園を馬で歩きながら、土や葉、コーヒーの実の状態を観察し、カルロスに伝える。この報告を参考にしてカルロスが立てた計画をスタッフに伝えて実行するのが現場監督ニーノの仕事だ。

ニーノはコーヒーの有機栽培については、「とても難しいね。たくさん収穫できれば嬉しいし、少なければ落ち込むよ。化学肥料を使っていた頃はまだ簡単にできてたけど・・・。何より、草をしっかり刈り取ることが大事」と語る。

11人の子どもを授かったが、今は皆、巣立って行き、現在は妻アリッセ(63)との2人暮らし。30羽ほどの鶏、豚の親子、1頭の牛が家の回りを賑わしている。

[前話を読む目次次話を読む]

中村隆市ブログ「風の便り」 コーヒー関連ブログ「豆の便り」 スタッフブログ「土の便り」