第17話.「幸運」な出来事

1993年1月3日、有機栽培で作られたコーヒーを捜し求める1人の男がジャカランダ農場を訪れた。

カルロスと中村

カルロスと中村

中村隆市、当時37歳。このときの出会いをきっかけにして、カルロスと中村による「有機無農薬ジャカランダコーヒー」の産直活動が開始する。地球上で最も遠く離れたブラジルと日本の2人の男の出会いは、「幸運な」出来事だった。が、それは決して偶然や好運だけで生じたものではなかった。近代農業のなかでコーヒーの有機農業に取り組むカルロスの「戦い」に共鳴できるだけの人生を、中村は病で命を失いそうになりながらも歩んできていたのである。

[前話を読む目次次話を読む]

中村隆市ブログ「風の便り」 コーヒー関連ブログ「豆の便り」 スタッフブログ「土の便り」