エコ&スローライフ

セヴァン・スズキの想い

92年の地球環境サミットにて12歳で「伝説のスピーチ」をしたセヴァン・スズキ。
各国の首脳陣を前に「自分たちがどうやったら直せるか分からない地球環境を、これ以上壊さないでください」と訴えました。

弊社は、ナマケモノ倶楽部などと連携して、セヴァン=スズキを日本に招待し、
彼女の想いやプロジェクトを紹介してきました。

sev1

2002年 セヴァン・スピーカーズツアーに向けて 特集

ウインドファーム代表の中村は、1999年ころから、地球環境サミットで伝説のスピーチをしたセヴァン・スズキを日本に招待したいと考えていました。2000年に発行された「エコロジーの風」6号に掲載された伝説のスピーチは今まで掲載された記事の中で、最も大きな反響を巻き起こしました。その反響を受けて中村は、セヴァンの招待をリオ・サミットから10年後の2002年にすることを決めました。今年11月、そのセヴァン・スズキが来日します。

セヴァンが日本全国をスピーチして廻る、スピーカーズツアーに向けて、特集です。

No.0 なぜ、セヴァンを日本に招待したいと思ったのか

代表の中村が、セヴァンに宛てた手紙です。「風の便り」という別コーナーの中でのご紹介となります。

No.1 日本から、セヴァンへの質問

セヴァンを日本に呼ぶにあたり、実行委員会が作られました。その実行委員会から、来日前のセヴァンへ質問が送られました。その回答とともにご紹介します。

No.2 アメリカの大学生が果たすべき環境への責任

2002年5月に、アメリカのイエール大学を卒業する際、大学生の共同声明文として発表されました。

No.3 地球を残しておいてください

1992年のリオ・サミットから翌年、1993年4月24日に開催されたグローバルフォーラムの閉会で、当時13歳のセヴァンが行ったスピーチです。

No.4 伝説のスピーチ

1992年のリオ・地球環境サミットで、当時12歳のセヴァンが 行ったスピーチです。このHP上では3度目の掲載となります。

No.5 変革を起こす技術

2001年3月5日、ブラジル、サン・パウロ市「国際APG:アマナ・キー ビジネス会議」にて、セヴァンからビジネスマンたちへのメッセージです。

No.6 教師たちへのメッセージ

2001年11月29日に、ウルスラ・フランクリン高校にて、教師たちへ向けて行われたスピーチです。

No.7 高校生へのメッセージ

2001年11月29日に、ウルスラ・フランクリン高校にて、高校生へ向けて行われたスピーチです。

No.8 中村さん、ナマケモノ倶楽部のみなさんへ

風の便りNo.1でご紹介しました、中村からのセヴァンへの手紙「なぜ、セヴァンを日本に招待したいと思ったのか」への返信です。

No.9 セヴァンの1日

“Continua”という本に掲載された記事を転載します。

No.10 THE YOUNG CAN’T WAIT

「TIME:GREEN CENTURY」寄稿

No.11 セヴァンが見たヨハネスブルグ・サミット

リオの地球サミットから10周年の今年2002年、南アフリカのヨハネスブルグで開催されたサミットに参加したセヴァンからの報告です。

No.12 世界のリーダーに対する子どもたちのスピーチ

南アフリカ、ヨハネスブルグにて2002年9月2日、持続可能な開発に関する世界サミットにて

No.13 持続可能な社会の為のフェアトレード

2002年9月10日にエクアドル・コタカチ郡で開催された「有機コーヒー・フェアトレード国際会議」での中村隆市の講演録です。「風の便り」という別コーナーの中でのご紹介となります。

No.14 セヴァンからのメール

日本でのツアーを終えて、カナダに戻ったセヴァンがツアーを振り返って感想をメールで送ってくれました。

中村隆市ブログ「風の便り」 コーヒー関連ブログ「豆の便り」 スタッフブログ「土の便り」