自然と塩職人たちの力

太陽、風、そして塩の職人達の偉大なる努力

風の様子を読み取り、水面を落ち着かせた状態で、
干潟天日塩は1ヶ月ほどかけて太陽の光と熱の下でじっくりと作られます。

この塩は、塩職人たちの努力、汗、そして情熱の下で、
なるべく自然に寄り添った方法で作られています。

塩職人たちの情熱とともに作られる塩は生き物のようなもの。
味の甘さやまろやかさ、健康を保つ機能がより高まっていきます。
にがり成分は時間をかけて自然に除去していきます。

塩職人たちの手は冬場でも休まりません。
ミネラルをより豊富にするために干潟を整える仕事に精を出します。

中村隆市ブログ「風の便り」 コーヒー関連ブログ「豆の便り」 スタッフブログ「土の便り」