2010/10/07

水巻お米自給プロジェクト

ブログ、しばらくぶりです。

WFの人気コーヒーの産地トセパン(メキシコ)に行っていました。
その報告はまた後日。

今日は、嬉しいことを書きます。

WFは男子畑部に象徴されるように、各スタッフが農的営みを実践しています。

事務所のある福岡県水巻町にて、お米を自給することを目指し、ここ半年、米づくりに
に勤しんだ仲間もいます。

そして、その仲間がWFスタッフに収穫したばかりの新米をお裾分けしてもらいました。
ちゃんと袋に詰めてくれていました。

地域の農家さんに教わったり、助けてもらいながら、
毎日、毎日、種籾の時から、様子をこまめに見て、世話をし、
育てた愛情たっぷりのお米とのこと。

まるでお嫁に出す父親の心境のようとも言っていました。
彼らは仕事の前、後と、本当に毎日、毎日、親ばかとも言いたくなるくらい、
わが子のように、稲を見守っていました。

気持ちのこもったお米を頂いた時、

いのちをいただくことに加え、米作りを通して体感したであろう
地域との関わりや自然への応じ方、それを支えた想いや愛情、

色々なものを自分も共有し受け取った気になり嬉しくなりました。

水巻お米自給プロジェクトの皆さん
ありがとう!

いただきますー

P.S.ちなみに私も本当に密かに赤村で米を育てて
いましたが、9割方育った稲をイノシシに荒され、食べられ、
大変悲しいことになってしまいました。

自然に応じるのは、タフな精神力が必要です。

mario

Comments are closed.

Copyright © 2009 株式会社ウインドファーム.  

中村隆市ブログ「風の便り」 コーヒー関連ブログ「豆の便り」 スタッフブログ「土の便り」