ゆっくり村 ディープエコロジーと田植え@福岡/赤村

弊社のスタッフが関わっているゆっくり村での企画です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
大地震と原発事故。3・11以降、生き方やいのちの在り方、
暮らし方に関する価値観がグラリと揺れています。社会のあり方も揺れています。
でも、何も無かった、もう終わった、
いつもの日常に戻ろう、という流れもとても強いですね。

今、私たちに必要なことは、起きていることを受け止めつつ、
一人ひとりが「何が大切なのか」
「何を基準に考え判断したら良いのか」「これからどう生きたいか」を感じ取ること。
その自分の感受性に出会うために、自然の中に入り、一緒に学びませんか。

ゆっくり村「自然と暮らしのがっこう 自然編」は
ディープエコロジーワークショップと田植えを通して、
一人ひとりの感受性に出会う企画です。

いずれかの日のみの参加も大歓迎です。ピンと来た方、お気軽にご参加ください。

=====================================
「自然と暮らしのがっこう 自然編」ゆっくり村
6月18&19日(土日)
=====================================

hino_ine_me.JPG 0802field2.jpg

18日(土曜)「自然の中で自分の感受性に出会う」

自然の中で自分の五感・感受性に出会い、それを味わってみましょう。
「生き物会議」を通して、人間以外の立場から「今の社会や私たち」を感じてみよう。
ディープエコロジーの手法を活用したワークショップを半日かけてじっくり行います。
赤村の静かな自然の中で、時間を過ごしましょう。

0821_spyder.jpg

夕食は旬の素材を使って、みんなでワイワイ料理します。

★10:30 カフェ・クリキンディ前に集合
「森で五感を使った遊び」「自然の中で感受性に出会う」「生き物会議」
上記プログラムは16:00終了予定。
その後、宿泊希望者は夕食作りと交流。

○プログラム費: 3000円(ディープエコロジーワークショップ)
○宿泊費:1000円(雑魚寝)
○昼食:持参してください。クリキンディにてお弁当予約も可能です(700円)。
○夕食:800円/朝食:400円
○定員:8名

19日(日曜)
とびきり静かな環境の中で、自然を感じ、お米を感じ、自分を感じ取ってみましょう。
無農薬栽培5年目の田んぼで、のんびり田植えをたのしみます。
玄米から育てた赤米の苗を田んぼという大地に降ろしていきます。
素足で入る田んぼの感触は格別です。
当たり前のように食べている日々の糧=お米。
いろいろなつながりを思いながら田植えをしてみると、何が感じ取れるでしょうか。

★10:00 カフェ・クリキンディ前に集合
「田植えまでの流れを知ろう」「五感を使いながら、田植えをしてみよう」
昼食はクリキンディの美味しい自然食。
田植え終了後に簡単に「田んぼとお米のお話し」を簡単にします。
16時頃には終了予定。終了後、希望者は温泉へ?

○プログラム費: 個人参加:700円/家族参加1200円/ペア参加1200円
○昼食:1000円(クリキンディの自然食)
○定員:18名

【主催:問い合わせ&申し込み先】
ゆっくり村・後藤彰
tel: 0947−62−2470(留守電になった場合は折り返しの連絡先を吹き込んでくだ
さい)
e-mail: akila_gotoh★windfarm.co.jp
★は@に変更してください

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【申し込みフォーマット】
◆お名前
◆当日連絡先(携帯など):
◆参加日程
◆自己紹介&この企画への期待(100?200文字程度)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

cf:過去のディープエコロジー系ワークショップの報告

http://www.yukkurimura.com/blog/?p=916

以上

 

中村隆市ブログ「風の便り」 コーヒー関連ブログ「豆の便り」 スタッフブログ「土の便り」