森とタオ

エクアドル駐在スタッフのワダアヤからの便りです。

========

インタグコーヒーの故郷、エクアドルの北部コタカチ郡にあるインタグ地方。
私にとって久しぶりのインタグは、久しぶりの雨の恵を受けていました。
雨と霧が山々を覆い、森はたっぷり潤っていました。

森はそこにあるだけでいい。バランスがとれていて、完璧。
森は一見、なんでも生え放題のように見えます。でも、実は
そこには人間の浅知恵なんて及ばない、多様で豊かないのちと
助け合いのコミュニティーがあります。

…そんなことを、雨の森を歩きながら、思いました。

加島祥造氏 「タオ−老子」より

「タオの働きは、

何もしないようにみえる。

しかしそれはものを

つね千変万化させてゆくのであり、

この千変万化する働きで

ことはいつしか調整される。だから

なまじ人間は

手を出さなくったっていいのだ。」

のタオを森に置き換えても真理かなと思いました。
(エクアドル駐在スタッフ:和田彩子)

中村隆市ブログ「風の便り」 コーヒー関連ブログ「豆の便り」 スタッフブログ「土の便り」