2012/01/30

福島県の中学生、高校生からのメッセージ

【 2011年10月頃に書かれたメッセージ 】

中学生からのメッセージ

★「私は中学3年の女子です」 いまは、原発事故の影響で、鹿島中学校にバスで通っています。今までは、登校に歩いて3分だったのに、今はバスで20分以上かかっています。友だちも避難したので、離ればなれになってしまいました。

ほかの中学校は、もうすぐ自分たちの学校に戻れるそうですが、私の中学校は線量が 高いため、戻れる 日は未定のままです。11月には、仮設校舎に入ることが、決まりました。また、クラス替えをすることになってしまいました。

原発事故の影響で、私たちの生活は、とても変わってしまい、将来への、不安も、たくさんあります。

「 結婚 できるのか ? 」 「 子どもは、健康に 生まれてくるのか ? 」 ・・・ということが、とても、心配です。

このようなことが、また起きないように、全国の原発を無くしてほしいです。


★「僕は中学3年の男子です」 この原発事故で多くの友だちと、バラバラになってしまいました。その中には、亡くなってしまった人もいます。

いまは、少し離れた学校に、バスで通っていま す。前より1 時間 早く、登校することになってしまいました。僕が勉強している所は体育館です。

パネル一枚で、教室をはさんでいるので、隣の教室の声が聞こえて、集中して授業を受けられません。体育の授業は前より減りました。

部活動も (サッカー部) 週に1回、決められた時間に、体育館でしか、やることができません。休みの日も外で遊ぶことが、できなくなりました。

大変、迷惑をしているので、原発と、決別してください。

僕が、心配なのは、将来についてです。県外で、就職できるのか?
県外の人と結婚はできるのか?
結婚して、子どもができたとしても、障がいがないのか?

その他、たくさんの 悩み が ありますが、僕が一番心配なのは、自分の命についてです。いつ、ガンが発症するか、わからない恐怖です。

次の 「 地震 」が来る前に、原発を無くしてください。


★ 「僕は、南相馬市に住んでいる中学生です」 僕の身の回りは、原発事故を境に大きく変わりました。市内は線量が高いので、外出することに気が引けたり、普段通っていた中学校に通うことができないため、隣町の小学校の体育館を借りて授業を受けることになったり・・・ほかにも、不便なことは、たくさんあります。

原発は、多大なエネルギーを生み出しますが、それ以上に大きな被害をもたらすので、他の原発が被害に遭う前に、即刻全国の原発を停止させてください。こんな目に遭うのは、福島県だけで充分です。



高校生からのメッセージ から抜粋

★だいたい、関東地方で使う電気を、なんで、福島でつくらないと、いけないんでしょう? 都心につくって、事故が起きたら、大惨事になるからですか? 
そんなの、 福島だって、同じなんですよ。

原発事故の対応だって、後手後手だし、どうせ、福島なんか、どうでもいいとか、国の、偉い人たちは思っているんでしょう?

福島を馬鹿にして、差別するような人は、みんな、死ねばいいと、思うくらい、憎いです。
原発を、廃止した方が いいと、分かっていますが、日本が、持っている「原発」が、全部、事故を起こして、みんな、福島と「同じような状態」を味わえば、いいんですよ。

そうしたら、みんな「原発反対!」と、心から思えるようになるんじゃないですかね?
私は、他の人のように、「原発事故で、苦しむ思いをするのは、福島県だけでいい」なんて、思いません。私は、「福島と、同じ思いをしろ!」と、言いたいですね。

今、福島原発が、ホットな 話題 とされているうちに、原発を 叩きつぶしておかないと、あとで、面倒なことに なると思います。みんなで、まとまって、「 国 」 に言えば、何とかなると、思いまし ・・・
「 みんな、苦しめばいい 」 と、書きましたが、なんだかんだ言って、
原発が、なくなってほしいと、願っています。


★原発事故は、とても、怖いです。安心・安全 なものと、言っていたのに、半径20km圏内には、今も入ることができません。それによって、県内外に、多くの人が避難し、不自由な生活を送らせられています。
私の、友だちも、バラバラになってしまいました。すごく、寂しいです。みんなに、会いたいです。なんで、こんなことに、なってしまったのだろう ・・・。

原発事故 さえなければ、友だちと、離れることもなく、自分たちの学校に通い、こんなに、不自由な生活をすることは、なかったはずです。そして、「 直ちに、人体への 影響は ないと 」と言っても、将来、症状が、現れてくるかもしれません。

自分だけでなく、もし、「 こども 」 を 産んだ時、 その 「 こども 」 にも、影響してしまったら、この事故を許せるはずが、ありません。もう、こんな、原発事故を、2度と 起こさないためにも、日本から、原発を、なくすべきです。同じ思いをする 人を、決して つくっては いけないのです。

だから、私は、この原発事故を、教訓にして、より良い日本に、変わっていくことを、望みます。


★原発のせいで、めっちゃ 困ってるんです。中学校の時、仲良しだった 友だちは、遠くへ、行っちゃうし、本来、行くべき 高校にも、行けずに、仮設校舎で 勉強している人だって いるし ・・・自分の家に、帰れない 人 だって ・・・なのに、なんで、他県へ行くと、「 のけ者 扱い 」 されなきゃ いけないの !!
こっちは、 こっちなりに、いろいろ、がんばっているのに ・・・ 。

あなた達の、「 電力 」 を、つくるために、福島県に、原発 つくったんだろ ! って ・・・。
同じ立場に なってみないと、わかんないのかな ・・・ ? 
それに、私たちの、将来は、どうなっちゃうんだろう?

なんで、原発なんかに、怯えなきゃ いけないのか、わかんない !
だって、私たち、何も 悪いこと してないのに !
なんで、こんなに、振り回されなきゃ いけないんだよ !

これから、「 生まれてくる 子どもたち 」 の ためにも、もちろん、
「 今、生きている 人たち 」 の ためにも、原発は、いらない と、私は、思う。

Comments are closed.

Copyright © 2009 株式会社ウインドファーム.  

中村隆市ブログ「風の便り」 コーヒー関連ブログ「豆の便り」 スタッフブログ「土の便り」 /abbr/li