2011/11/02

東京湾に汚染排水 廃棄物処理施設から

東京湾に汚染排水 廃棄物処理施設から 千葉・市原市
(2011.11.2 16:51 産経ニュース)

 千葉県は2日、同県市原市にある廃棄物処理施設から基準値の14倍を超える濃度の放射性セシウムを含む排水が東京湾に流れされていたと発表した。県は同日、事業者に排水の停止を要請した。

 県によると、事業者は自治体から受け入れたゴミの焼却灰などを原材料にセメントを製造する市原エコセメント。

 同社が9月15日と10月11日に測定したところ、排水1キログラム当たり、それぞれ1103ベクレル、1054ベクレルの放射性セシウムが検出されたという。国の原子力安全委員会が今年6月に「当面の考え方」として示した基準の14?15倍に相当する。

 報告を受けた県は、口頭で排水の停止や改善を求めていた。同社は放射性セシウムを吸着するゼオライトを使った排水処理や、1キログラム当たり2000ベクレル以上の濃度の廃棄物受け入れ停止で対応していた。

Comments are closed.

Copyright © 2009 株式会社ウインドファーム.  

中村隆市ブログ「風の便り」 コーヒー関連ブログ「豆の便り」 スタッフブログ「土の便り」 /abbr/li