2008/11/28

STOP再処理工場 LOVE六ヶ所村

NO NUKES MORE HEARTS
STOP再処理工場 LOVE六ヶ所村
集まろう!伝えよう!
放射能を海に大地に捨てないで!
“秋の大収穫祭”


【日 時】
2008年11月30日(日) (雨天決行)
開場:10:30 開演:11:45 終演:17:25
デモ・パレード:15:00 
【会 場】
上野水上音楽堂
【入場料】
無料
【主 催】
「1130六ヶ所再処理工場に首都圏からNO!」実行委員会
【事務局団体】
NO NUKES MORE HEARTS/原子力資料情報室/大地を守る会
【内容】
ライブ、トーク、デモ・パレード、ブース出展、ワークショップ、他
【ステージ・ゲスト】
★ライブ:PANTA / うつみようこ / アン・サリー / 漁港 / FUNKIST / 寿 / 風義
★トーク:小出裕章 / 鎌仲ひとみ / 田中優 / 廣瀬裕子 / 吉本多香美 / 木下ディビッド / 冨田貴史
★青森からのゲスト:山本若子 / YAM    (シークレットゲストあり)
★MC : サワサキヨシヒロ! / 三遊亭円左衛門  MCアシスタント : 山田朝子(SFJ)
【デモ・パレード】
水上音楽堂出発?水上音楽堂終点の約1時間のデモ・パレード。
・思い思いのそれぞれのスタイルでご参加ください。
・楽器や鳴り物やプラカード持参歓迎!皆で集まろう!
 青森県の六ヶ所再処理工場は、日本全国55基の原子力発電所から出た使用済み核燃料(核のゴミ)を扱う化学工場。本格稼動すると、原発一年分の放射能をたった一日で空や海に放出してしまいます。
  「日本のエネルギー政策の一環として、大地や海に放射能が捨てられ、環境や食べ物が汚染されようとしていること」をどれだけの人が知っているでしょうか。環境や食べ物の汚染予測数値はすでに公表されていますが、ほとんど報道もされていません。
 わたしたちみんなが使うエネルギーのこと。「このままでいいの?」 私たちはエネルギー大消費地である首都圏から問いかけ、また多くの人々とこの問題を共有し、伝え広めていきたいと思います。
 どなたでも気楽に楽しめる賑やかなイベントになります。ご家族、ご友人とお気軽にご参加ください!
■危険なプルトニウムを取り出す工場
「角砂糖5個分で、日本の全人口の致死量」といわれる超猛毒物質のプルトニウム。この物質を取り出す過程で、六ヶ所再処理工場は事故がなくても通常運転するだけで原発の300倍以上の放射能を放出し、約40年間運転を続けます。再処理の関連費用は約19兆円と発表されており、すでに私たちの電気代から引かれ始めています。
■全国的に広がる「再処理NO!」の声
 半永久的に続く放射能の影響が大変心配されており、多くの農家の方や漁師さん、海を愛するサーファー、環境や食の安全を守りたい全国の人々が、立場を超えてこの工場に反対し、その声は全国的に広がっています。今年5月には、「六ヶ所再処理工場のある核燃料サイクル施設の直下に活断層があり、沿岸部海域の『大陸棚外縁断層』とつながっている場合はマグニチュード8級の地震が起きる恐れがある」という指摘が学者グループからあり、不安は増しています。
●協力
★ STOP ROKKASHO ★ RIZINE ★ ももんがともだちネット ★ A SEED JAPAN ( リユース食器 )
★ ウィンドファーム( 森をまもり森をつくる「ハチドリコーヒー」 )

Comments are closed.

Copyright © 2009 株式会社ウインドファーム.  

中村隆市ブログ「風の便り」 コーヒー関連ブログ「豆の便り」 スタッフブログ「土の便り」 /abbr/li