2005/04/12

アースデイ福岡へのメッセージ

外出するときに、使い捨ての割り箸を使わずにすむようマイ箸を持ち歩いたり、
使い捨てのペットボトルや缶飲料ではなく水筒を持ち歩いていると、こんな声が
聞こえてきます。「あんた一人がそんなことやったって、世の中は変わらないよ。
政治を変えなきゃ、環境は守れないよ。」
確かに、環境の悪化は「政治を変えなければ、どうにもならない」ところまで
来ています。地球温暖化防止のために「環境税」が有効なことは、環境先進国が
示していますが、日本の経済界のリーダーたちはそれに反対しています。地球温
暖化防止のための京都議定書を離脱した米国と同じように、「国益に反する」と
か「国際競争力が低下する」といった理由です。彼らは、目先のことしか考えず、
未来世代のことを考えていません。
4年ほど前に、南米のアンデス地方に住む先住民族キチュアの友人から、ある伝
説を教えてもらいました。それは、こんな物語でした。
ある時 アマゾンの森が燃えていた
すべての動物たちは 大急ぎで逃げていった
特に大きな強い動物たちは われ先にと逃げていった
しかし クリキンディ(金の鳥)と呼ばれるハチドリだけは
くちばしに水滴を一滴とっては燃えている森に行き その森に水滴を落とす
そしてまた戻ってきては 水滴を持っていく
それを見て 大きな動物たちは こう言ってクリキンディを笑った
「そんなことをして、いったい何になるんだ」
それに対して クリキンディはこう言った
「私は、私にできることをしているの」
いま、地球は燃えています。この星が燃え尽きてしまうまえに、私たちも水滴を
運びましょう。子どもにできること、学生にできること、主婦にできること、会
社員にできること、経営者にできること、教員にできること、議員にできること、
消費者としてできること、有権者としてできること、私たち一人一人にできるこ
とを皆で探し出し、勇気をもって実行していきましょう。世界にハチドリが増え
ていけば、きっと世界は変わるはずです。
以下、現在世界に羽ばたこうとしている「ハチドリ計画」からのお知らせ+引き算自慢のご案内です。

本の掲載を考慮すると3月29日までに、みなさんの引き算自慢をいただけると嬉しいです。そのほかはウェブサイトなのでいつでも歓迎です。
皆様の愉快な自慢をお待ちしています!
***********************************
この度、サステナ・スローウォーターカフェ・ナマケモノ倶楽部・ピースボート・
Body And
Soul・ゆっくり堂などが中心になってハチドリ計画というプロジェクトを立ち上げました。
ハチドリとは南米を中心に生息し花の蜜をすう小さな鳥です。
南アメリカの先住民にあるハチドリの物語があります。
「森が燃えていました
 森の生きものたちは
 われ先にと逃げていきました
 でもクリキンディという名のハチドリだけは
 いったりきたり
 口ばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは
 火の上に落としていきます
 動物たちがそれを見て
『そんなことをしていったい何になるんだ』
 といって笑います
 クリキンディはこう答えました
 『私は私にできることをしているだけ』」
この物語を世界の人に伝えたい、
そして、ハチドリのように
「私にできること」をしていこうよと
考えた人たちが集まって、ハチドリ計画はできました。
現在、ハチドリ計画では、ゆっくり堂と共にハチドリブックレット『私にできること?地球の冷やし方』の出版準備をしています。
ブックレットでは、南米の先住民に伝わるハチドリの物語にはじまり、温暖化に焦点をあてた地球環境のお話、私たちの行動がどのように温暖化に影響するかのデータをなるべくわかりやすく提示します。
みんなで「私にできること」をするハチドリになって羽ばたこう、という本です。
*ブックレットはアースディの当日(4/23、24)、ハチドリグッズと共にブース販売します。
そこで、みなさんの身近な「私にできること」を募集します。
自分のライフスタイルで余計なものを引き算して、温室効果ガスも引き算できてしまう行動。引き算して、環境負荷も引き算できてしまうような、おもしろいアイディアもお寄せ下さい。 
たとえば、
・テレビを見る時間を1日1時間減らすと、一ヶ月で 1,100g削減
・風呂の残り湯を洗濯に使い回すと一ヶ月で 1,400g削減
・1日5分間のアイドリングストップ一ヶ月で  3,300g削減
のようなかんじです。
具体的な数字がわからなくても、こんな事をしたら良いのではというアイディアも歓迎です。
集ったものの中からこちらで選んで、
1)本に載せさせていただく、もしくは2)ウェブサイトに掲載させていただきたいと思います。掲載の基準は、なるべく手の届きやすい行動であることです。
また、「1,000g削減」のようにデータがついている場合は、それの出典もなるべく詳しく教えてください。
テーマは、下記を中心に集めています。
■ゴミ・リサイクル編
■車・交通手段編
■家電・エネルギー編
■フードマイレージ編
■こんなことをしても減らせる(100万人のキャンドルナイト、打ち水、など)
アイディアをお持ちの方は、
info@hachidori.jp(ハチドリ計画事務局)まで。
・・・・・・・・★・・・
ハチドリ計画
http://www.hachidori.jp

Comments are closed.

Copyright © 2009 株式会社ウインドファーム.  

中村隆市ブログ「風の便り」 コーヒー関連ブログ「豆の便り」 スタッフブログ「土の便り」 /abbr/li