2011/07/24

玄海原発1号機に欠陥の可能性 井野博満東大名誉教授ら指摘

玄海原発1号機に欠陥の可能性 鋼材不均質?井野氏ら指摘
(東京新聞 2011年7月24日 02時02分)

 運転開始から35年以上たった九州電力玄海原発1号機(佐賀県玄海町)について、原子炉圧力容器に用いた鋼材の質にばらつきがあり、製造ミスの可能性があることが、井野博満東大名誉教授(金属材料学)らの分析で23日、分かった。九電が今月初めて公表した鋼材の劣化判断の基準となる「脆性遷移温度」の試験データを精査した。

 原発の長期間の運転による劣化は、研究者の間でも不明な点が多い。ただ、詳細なデータに基づき、鋼材そのものに欠陥がある可能性を指摘されたことで、従来の検査の信頼性が問われそうだ。
(共同)

玄海原発耐震データ「誤入力」  九電も国も3年以上も「気づかず」

「玄海原発1号炉は日本一危険な原子炉」 井野博満・東大名誉教授

Comments are closed.

Copyright © 2009 株式会社ウインドファーム.  

中村隆市ブログ「風の便り」 コーヒー関連ブログ「豆の便り」 スタッフブログ「土の便り」 /abbr/li