2011/07/24

俳優 山本太郎が見た 福島の放射能汚染の現実

多くの人に見てほしいテレビ番組
山本太郎が見た福島の現実 (You Tubu動画)

俳優の山本太郎氏が福島現地を取材
・公園の放射線量計測、それを年間線量に換算すると20mSv/年を超える
 しかもそれは空間線量=外部被曝に過ぎないと指摘
・尿からセシウムが検出された子どもたちの父母との討議
・学校給食は検査する必要はないとの市教育委の回答への疑問

 日本の暫定規制値とウクライナの暫定規制値との比較

       牛乳・乳製品   野菜類   穀類       肉・卵・魚     
日本      200       500    500   肉500 卵500 魚500
ウクライナ   100      40~70    20   肉200  卵6  魚150

・ICRP(国際放射線防護委員会)とECRR(欧州放射線リスク委員会)について

・現地の市民団体の自主的な食物計測の取り組み(市民放射能測定所)の紹介
・サテライト疎開(子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク)の紹介

福島の子どもたちが直面する”内部被ばく”の危険性
福島の子どもたちを守るには”集団疎開”を考える

Comments are closed.

Copyright © 2009 株式会社ウインドファーム.  

中村隆市ブログ「風の便り」 コーヒー関連ブログ「豆の便り」 スタッフブログ「土の便り」 /abbr/li