2011/07/08

福島第二原発1号機で火花 原子炉の冷却装置を停止

福島第二原発の1号機で火花 原子炉の冷却装置を停止 (朝日新聞)

 東京電力は7日、福島第二原子力発電所(福島県楢葉町、富岡町)の1号機原子炉建屋の関連施設で、電源設備から火花が出たと発表した。原因を調べるため、原子炉と使用済み燃料プールの冷却装置の電源を一時的に切った。3月14日に原子炉内の水が100度未満に下がる冷温停止となった後に冷却装置が止まるのは初めて。

 東電によると、午後2時5分ごろ、冷却装置の電源盤につながる遮断器から火花が出ているのを作業員が見つけ、午後5時37分、冷却装置を停止した。電源盤と遮断器をつなぐケーブルを取り外して、午後9時15分、冷却装置を再稼働させた。火花はケーブルの接触不良の可能性があるという。

 冷却装置のうち1系列は3月11日の津波で使えなくなり、14日から別の1系列で冷却していた。冷却装置停止の時点での1号機の原子炉の水温は25度、プールは26度だったが、それぞれ35度、27度まで上昇した。停止が長引くと、それぞれ23時間後、4日後に水温が100度を超える見込みだった。(杉本崇)

Comments are closed.

Copyright © 2009 株式会社ウインドファーム.  

中村隆市ブログ「風の便り」 コーヒー関連ブログ「豆の便り」 スタッフブログ「土の便り」 /abbr/li