2011/05/14

5月12日 プルトニウムを検出

ひっそりと一社だけ報道 「人体に影響なし」

福島第1原発事故 構内でプルトニウム検出 人体影響なし

 東京電力は12日、福島第1原発の構内にあるグラウンドから、毒性の強い放射性物質のプルトニウムを検出したと発表した。検出されたのは、プルトニウム238、同239、同240。東電はいずれも今回の事故によって放出された物質とみているが、土壌1キロあたりの濃度は同238の0・11ベクレルが最大だったため、過去の大気圏核実験で日本に降ったものと同等のレベルにとどまり、人体への影響はないと説明している。同239と同240の濃度は、土壌1キロあたり0・046ベクレルだった。【久野華代】
毎日新聞 2011年5月13日 東京朝刊

Comments are closed.

Copyright © 2009 株式会社ウインドファーム.  

中村隆市ブログ「風の便り」 コーヒー関連ブログ「豆の便り」 スタッフブログ「土の便り」 /abbr/li