2010/02/19

瀬戸内海の生物多様性保全のための第2回三学会合同シンポジウム

*・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・*
● 瀬戸内海の生物多様性保全のための第2回三学会合同シンポジウム ●
     上関 瀬戸内海の豊かさが残る最後の場所
*・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・*

豊かな生物相と高い生産力に恵まれた瀬戸内海。
その豊かさがほとんどの場所で失われた今も、上関のまわりには、
驚くほど多様な生物が残っています。
ここでの原子力発電所建設計画について、生物学研究者の三学会
(日本生態学会、日本鳥学会、日本ベントス学会)は、もっと慎重な
環境アセスメントを求める要望書を提出しました。
その内容を一般に紹介します。

日時:2010年3月14日(日) 13:30?16:30

会場:明治大学駿河台校舎 リバティホール
   東京都千代田区神田駿河台1-1(JR「御茶ノ水駅」から徒歩3分)
   http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html

●参加費:500円(資料代)

●プログラム(13:00会場/13:30開会)

「上関原子力発電所建設計画のあらまし」
  佐藤正典(鹿児島大学)

講演1 「周防灘に残されている瀬戸内海の原風景」
  加藤 真(京都大学)

講演2 「上関に生息する希少な鳥類に ついて」
  飯田知彦(九州大学大学院)

三学会の要望書の説明
  安渓遊地(日本生態学会上関問題要望書アフターケア委員会委員長)
  佐藤重穂(日本鳥学会鳥類保護委員会副委員長)
  逸見泰久(日本ベントス学会自然環境保全委員会委員長)

コメント1 「陸上生物、里山の観点から」
  野間直彦(滋賀県立大学)

コメント2 「スナメリについて」
  ※調整中

コメント3 「生物多様性条約に基づく国の政策」
  国会議員(調整中)

主催/日本生態学会 自然保護専門委員会
   日本鳥学会 鳥類保護委員会
   日本ベントス学会 自然環境保全委員会

後援/(財)日本自然保護協会
   (財)世界自然保護基金(WWF)ジャパン
   ラムサール・ネットワーク日本

問い合わせ先/
083-928-5496(安渓)
099-285-8169(佐藤)
e-mail: sato@sci.kagoshima-u.ac.jp

*・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・*

Comments are closed.

Copyright © 2009 株式会社ウインドファーム.  

中村隆市ブログ「風の便り」 コーヒー関連ブログ「豆の便り」 スタッフブログ「土の便り」 /abbr/li