2010/01/27

核施設の労働者が脳腫瘍やガンなど深刻な被害

1月29日、NHK BSで以下の番組が放送される予定です。
http://www.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/100129.html

> 核施設で働いてきた人々は、数百万人。そして15万人に及ぶ脳腫瘍
> やガンなどの深刻な健康被害者が生まれている。

> 政府は、汚染除去作業に着手したが、推定で一日10億円以上の
> 巨費が今後70年間にわたって必要とされる。

日本の原発や再処理工場も今後、同様な問題を抱えることになります。
できるだけ多くの人(特に政治家)に知らせたいですね。

BS世界のドキュメンタリー
http://www.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/100129.html

> <シリーズ 就任から1年・オバマのアメリカ>
> 核汚染大陸 ?アメリカ 核兵器工場の証言者たち?
>
> 10年1月29日 金曜日 午後9:10?10:00
>
> 去年、アメリカ大統領として初めて「核兵器のない世界を目指す」と
> 宣言したオバマ大統領。その足下で、アメリカは「核の負の遺産」に
> 苦しんでいる。
>
> 1945年の原爆実験から65年間に、これまで15を越える州に、
> 300以上の核兵器製造施設が作られ、あたかも「核の巨大工場」
> となったアメリカ。
>
> 核施設で働いてきた人々は、数百万人。そして15万人に及ぶ脳腫瘍
> やガンなどの深刻な健康被害者が生まれている。
> そうした中で、上は所長クラスから、末端の作業員まで、具体的な
> 「核兵器製造の実態」を語り始めた。施設のあった場所は、放射能
> だけでなく、ベリリウムやPCBなど有毒物質で汚染されている。
>
> 政府は、汚染除去作業に着手したが、推定で一日10億円以上の巨費
> が今後70年間にわたって必要とされる。
>
> 「全米を核工場にした」65年間。アメリカはどうなったのかー。
> 番組では、口を開き始めた労働者や研究者を訪ね、その証言と資料を
> 基に、これまで安全保障の名のもと秘匿されてきた核兵器製造の実態
> に迫る。
> 核はアメリカをどうしたのか、その呪縛にもがく超大国の現実を描く

Comments are closed.

Copyright © 2009 株式会社ウインドファーム.  

中村隆市ブログ「風の便り」 コーヒー関連ブログ「豆の便り」 スタッフブログ「土の便り」 /abbr/li